50万円以下で今年度内発売目指す

<CES>シャープ、コンシューマー向け8Kカメラ。マイクロフォーサーズ採用/HDMI 2.1対応

編集部:小野佳希
2019年01月10日
米国ラスベガスで国際イベント「CES2019」が開幕。シャープは、コンシューマー向けにマイクロフォーサーズ規格の8K動画撮影対応カメラを開発中であることを明かした。

ブースに参考展示されているモックアップ

いわゆるミラーレスカメラ型のようなデザインとサイズで、センサーサイズおよびレンズマウントにマイクロフォーサーズ規格を採用。「8Kセンサーを始め、主要チップもほとんど自社製のものを搭載する」(説明員)という。

機体上部

シャッターボタン周辺部

HDMI 2.1対応のHDMI端子を備え、撮影した8K動画をHDMIケーブル1本で出力可能。液晶モニターは可動式で、「高精細映像を確認しやすいよう画面サイズも大きめにする」という。

側面にHDMI端子やUSB-C端子を装備

バリアングル液晶を搭載

プロの映像制作者やカメラマンはもちろん、ハイアマチュアなど一般コンシューマー向けとして展開予定。「スペックなどの詳細は4月のNABで正式発表する予定だが、今年度内の発売を目指している。価格も数十万円、できれば50万円以下にしたい。もちろん日本市場への投入も検討している」とのことだった。

関連記事