LDACでの音声送信に対応

<CES>ソニー、UHD BDプレーヤー「UDP-X800M2」。3つのHDR規格とSACD/DVD-A再生対応

編集部:平山洸太
2019年01月08日
ソニーは、CES 2019において、HDR10、ドルビービジョン、HLGといったHDR方式に対応し、SACDやDVDオーディオの再生にも対応した4K UHD BDプレーヤー「UDP-X800M2」を発表した。米国での発売は春以降が予定されており、価格は299ドル。なお日本での発売時期・価格は未定。

「UDP-X800M2」

HDR10、ドルビービジョン、HLG(Hybrid Log-Gammma)に対応し、SACD、DVDオーディオ、ハイレゾファイルなどを再生できるUltra HD Blu-rayプレーヤー。

音声フォーマットはドルビーアトモス、DTS:Xに対応しており、対応AVレシーバーやサウンドバーと接続することで、「全方位から音に包み込まれるシアターのような視聴体験が可能」と説明されている。

加えてNetflix、YouTube、Amazon Primeなどの各種4Kストリーミングサービスにも対応。DSDでは11.2MHzまで再生が可能だ。

筐体や内部パーツも音質にこだわったとしているほか、色調・階調を最適化する「HDR・SDR変換技術」を搭載。これはソニー・ピクチャーズエンタテインメントの協力によるものという。

Wi-Fi、Bluetoothに対応しており、Bluetoothではハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC」に対応。ワイヤレスヘッドホンなどで音声を再生することができる。

詳細は後ほど追記する。

関連記事