連続再生時間は最大7時間

ZERO AUDIO、ブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「TWZ-1000」。最新チップ「QCC3026」を搭載

編集部:平山洸太
2018年12月13日
協和ハーモネット(株)は、ZERO AUDIOブランドより完全ワイヤレスイヤホン「True Wireless ZEROシリーズ」を発表。その第一弾モデルとして、Qualcomm社の最新チップを搭載した「TWZ-1000」を1月下旬に発売する。価格はオープンだが、16,700円前後での実売が予想される。

「TWZ-1000」

Qualcomm社の最新チップ「QCC3026」とLDSアンテナを採用することで、音の途切れに強く、長時間の連続再生を実現したとする。またQCC3026搭載により「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応。対応端末との接続時には、左右の本体が個別にデバイスと接続することで、繋がりやすさを向上させることができる。

ドライバーユニットには、ダイヤモンドより高硬度のグラフェンコーティング振動板を採用する。デザインはフィット感を追求したエルゴノミクスデザインに加え、4種類のシリコンカバー、3種類のシリコンイヤーピースが付属。筐体にはZEROをイメージした0型のLEDが配置され、コバルトブルーに発光する。

0型に発光する

4種類のシリコンカバーと3種類のシリコンイヤーピースが付属

イヤホン部はIPX5に対応し、運動時の汗に強いほか、すすぎ洗いも可能。また充電ケースはIPX3相当の防雨仕様となっている。連続再生時間は最大約7時間で、充電ケースを組み合わせることで最大28時間の姿勢が可能。充電時間は、イヤホン部が約1.5時間、充電ケースは約1.5時間となる。

充電ケースに入った状態

イヤホン右側の本体には通話用のマイクも搭載。専用アプリも用意され、このアプリを使用することで、OTA(Over The Air)によるファームウェアアップデートに対応。アプリには追加機能が搭載予定で、ユーザビリティが向上する予定という。

装着イメージ

Bluetoothはver.5.0で、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。また対応コーデックは、SBC、AAC、aptX。イヤホン部の質量は約6.0gで、充電ケースは約40g。

関連リンク

関連記事