高感度φ6mmドライバー搭載

パイオニア、外音取り込みイヤーチップ付きの完全ワイヤレスイヤホン「E8 truly wireless」

編集部:押野 由宇
2018年12月06日
オンキヨー&パイオニアは、パイオニアブランドの完全ワイヤレスイヤホン “E8 truly wireless”「SE-E8TW」を2019年1月下旬より発売する。価格はオープンだが、13,000円前後での実売が予想される。カラーはイエロー、グレイ、ピンクの3色をラインナップする。

「SE-E8TW(Y)」(イエロー)

IPX5の防水水準を備え、汗をかくスポーツシーンや突然降ってきた雨のなかでも使用できる完全ワイヤレスイヤホン。ハウジング部のノズルの角度とカナル型インナーイヤーチップにより、耳穴にぴったりとフィットする装着感を実現。さらに、多数の被験者から得られた情報をもとに設計されたという取り外し可能なシリコン製のセキュアイヤーフィンを同梱する。

「SE-E8TW(H)」(グレイ)

「SE-E8TW(P)」(ピンク)

また、周囲の音が聞こえる外音取込イヤーチップ「アンビエント・アウェアネス・イヤーチップ」も付属する。イヤーチップにスリットを設けることで、カナル型イヤホンとしての密閉性を下げ、ノズルから直接聴こえる楽曲とスリットから聞こえる外音により、音楽を楽しみつつ周囲の音が認識しやすくなる設計となっている。

外音取込イヤーチップ「アンビエント・アウェアネス・イヤーチップ」

強磁力の希土類マグネットを採用した高感度φ6mmドライバーを搭載。耳穴に対しダイレクトに音が届くノズル角度である「イヤーダイレクトマウント構造」により、よりクリアでパワフルなサウンドを実現したとする。BluetoothコーデックはSBCおよびAACに対応。

また本体に備えた「マルチファンクションボタン」による再生・スキップなどの通常操作をはじめ、手持ちのスマートフォンの音声アシスタント起動、音声読み上げアプリ「Notification App」 対応など、スマートフォンの画面を見ることなく操作が行える。

連続再生時間はイヤホン単体で最大3時間、充電ケースから約2回分の充電が可能だ。

イヤホン本体とケースはカラーリングを統一

関連リンク

関連記事