リフレッシュレート60Hz

JAPANNEXT、約5万円の4K/HDR対応32型ディスプレイ。ビックカメラグループ限定で発売

編集部:平山洸太
2018年12月07日
JAPANNEXTは、4K/HDR対応32型ディスプレイ「JN-IPS32B4KHDR」を12月7日より発売する。ビックカメラグループの独占販売となり、価格は49,800円(税抜)。

「JN-IPS32B4KHDR」

4K UHD(3,840×2,160ピクセル)解像度およびHDRに対応する液晶モニター。IPS-AHVAパネルが採用され、視野角は上下左右178度。またコントラスト比は1000:1で、応答速度は5ms、輝度は300cd/m2となる。

HDCP2.2やFreeSyncに対応しており、リフレッシュレートは60Hz。また3つのゲームモードを搭載しており、ストレスのないゲーム体験を実現したとする。

デザインでは本体の厚みが最薄部で約9mm、フレームが約8mmとなっているほか、疲労軽減機能としてブルーライト軽減機能や、フリッカーフリー設計を採用する。

外形寸法は730W×498H×175Dmmで、質量は6kg。インターフェイスとしてDisplayPort×1、HDMI×3を搭載する。

関連記事