50型との3サイズ展開

ドン・キホーテ、58型で約6万円の4K/HDR対応液晶テレビ。43型は4万円切り

編集部:平山洸太
2018年11月26日
ドン・キホーテは、同社プライベートブランド「情熱価格PLUS」よりHDR対応の4K液晶テレビを58型/50型/43型の3サイズで発売。43型は本日11月26日から、58型/50型は12月18日から全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で販売する。価格は58型で59,800円、50型で49,800円、43型で39,800円(すべて税抜)。

左から、58型、50型、43型

第5段となる製品で、60/55/50型とラインナップされていた第4段(関連ニュース)から一新され、58/50/43型のラインナップとなる。

43型モデルはHDMI端子を4つ装備するほか、58型モデルは前面スピーカーを採用することで迫力ある音質を実現したとする。また、従来モデルに引き続きダブルチューナーを搭載。別売のUSBハードディスクでの録画に対応しており、録画しながら別の番組の試聴が行える。そのほか、HDR10にも引き続き対応する。

43型の付属リモコン(左)、58型/50型の付属リモコン(右)

輝度は58型が400cd/m2(±10%)、50型が500cd/m2(±10%)、43型が380cd/m2(±10%)。コントラスト比は58型が5,000:1、50型が5,000:1、43型が1,100:1。バックライトはすべて直下型LEDで、スピーカーには総合20Wのステレオタイプを内蔵する。

接続端子は3機種ともRCA×1、ヘッドホン出力×1、光デジタル出力×1、LAN×1、録画用USB端子×1を備え、HDMI端子は58/50型が3つ、43型が4つ搭載する。

関連記事