リコー開発の小型360度カメラを使用

ソフトバンクとリコー、4K/60p映像の5Gリアルタイム伝送&YouTubeサーバー同時配信に成功

編集部:川田菜月
2018年11月08日
ソフトバンクと(株)リコーは、高速・大容量のデータ通信が可能な5Gを活用した映像伝送実験を10月に共同で実施。高精細かつハイフレームレートの360度映像の伝送実験に成功したと発表している。

本実験ではリコーが開発した小型360度ライブカメラを使用して、360度映像のリアルタイム伝送とYouTubeサーバーへ同時に映像配信を実施。使用したリコー開発のカメラは、2つの超広角レンズから4Kの360度映像をリアルタイムで生成し、60fpsのハイフレームレートで出力が可能とのこと。

5Gネットワークを用いた、4K60fpsのリアルタイム伝送およびYouTubeサーバーへの同時配信実験を実施

実験方法は、東京・港区にあるソフトバンク本社に映像コントロール用のパソコンを、5Gの実験機器での技術検証ができるトライアル環境としてソフトバンクが提供する「5G×IoT Studio」の赤坂エリア(東京都港区)には、5G小型端末および360度ライブカメラを設置。カメラで撮影した映像を、5Gネットワークを介してパソコンに伝送し、VRヘッドセットを用いて映像を確認している。

ソフトバンクが提供する5Gトライアル環境「5G×IoT Studio」

360度映像をVRヘッドセットで視聴するには、映像のちらつきなどがコンテンツの品質を左右するとされており、ハイフレームレートの映像が最適と考えられている。一方で大容量のデータを伝送する必要があるため、データ通信量が多い環境下においては現行の4Gネットワークでの対応は難しかったという。

本実験ではハイフレームレートの360度映像伝送と、次世代通信規格である5Gとの親和性が確認できたと説明。また同時にYouTubeサーバーへの配信も実現できたことから、SNSや映像配信サービスの拡大により、YouTuberをはじめとしたコンシューマー自らが映像やコンテンツを配信する需要が高まる現在、コンシューマー向けカメラ機器を使用したライブ映像配信を5Gネットワーク下で配信できる可能性も確認できたとしている。

今後も両社は、コンシューマーによる映像のライブ配信の最適化やリッチコンテンツ化に向けた取り組みを進めていく予定とのこと。

関連記事