NTTドコモやソニーも参加

リコー、「RICOH THETA V」プラグインストアをオープン。顔の自動ぼかし機能など提供

編集部:押野 由宇
2018年07月23日
リコーは、360度の全天球写真/動画を撮影できるカメラ「RICOH THETA V」用のさまざまなプラグインをダウンロード可能な「RICOH THETA プラグインストア」をオープンした。

「RICOH THETA V」

本ストアは第三者のプラグイン開発を支援する「RICOH THETA プラグイン パートナープログラム」の一環として展開されるもの(関連ニュース)。NTTドコモ、GClue、ソニー、EVRYPLACE、HoloBuilder, Inc.、Everywoahなどが開発した5種類のプラグインおよびリコーが開発した3種類のプラグインが公開されている。

NTTドコモが開発フレームワークを提供し、GClueがアプリ開発提供を行った「デバイスWebAPI プラグインは、デバイス上にWebAPI を構築するOMA GotAPI 仕様に準拠し、スマートフォンなどの他のデバイスでも共通のWebAPIで機能アクセスが可能となる。

ソニーが開発した「MESH plugin for RICOH THETA」は、RICOH THETA V の撮影コントロールを、スマートフォンの「MESH」アプリを使わずにMESHブロックとRICOH THETA V のみで直接行えるもの。

ほか、RICOH THETA Vと「EVRYPLACE」アプリで作成した画像をシームレスにアップロードできる「EVRYPLACE Sync」、建設現場を24時間365日の見たいタイミングで360度ライブ配信できる「HoloBuilder 360 SiteStream」、RICOH THETA V をGoogle Cloud Storageに接続するためのプラグインストレージ「Fita」が、パートナーが開発したプラグインとして提供される。

リコーは、無線を介して直接YouTubeに360度ライブ配信できる「Wireless Live Streaming」、撮影すると被写体の顔を自動で検知してぼかす「Automatic Face Blur BETA」、RICOH THETA V内にある画像をルーター経由でGoogleフォトに自動でアップロードする「File Cloud Upload」を提供。そのほかの提供予定プラグインはこちらから確認できる。

関連記事