ウインドサーフィンワールドカップでパブリックビューイング

ドコモ、海上から5G通信での4K映像ワイヤレス伝送に成功

編集部:小野佳希
2018年05月21日
NTTドコモは、サーフィンを撮影した4K映像を、海上から5G通信を使ってワイヤレス伝送してリアルタイムにパブリックビューイングする実験に成功したことを発表した。

実験構成

NPO法人日本ウインドサーフィン協会との協力の下、5月10日から5月15日に開催されたANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会で実験を実施。マリンスポーツなど観客から離れた位置で競技する選手の動きを迫力ある映像で観客に届けるパブリックビューイングサービスを想定しての実験だった。

海岸から300m〜1km離れた海上に停泊させた小型船舶のデッキに設置したカメラや、ドローンに搭載したカメラでライブビューイング用の映像を撮影し、船舶内で映像を4K映像に集約した後に、同船舶内にドコモが搭載した5G移動局から陸上に設置した5G基地局に向けて無線伝送した。

今回のケースでは、4つの映像を集約した4K映像の伝送に、上りリンクで80Mbps程度のデータレートが必要となるため、4G(LTE)による伝送は困難だった。一方、5Gは4Gに比べて高い周波数帯を用いるため、長距離伝送にはビームフォーミングが必要となり、さらに移動通信をサポートする場合、ビーム追従機能も必須となる。陸上では人や自動車は基地局に対し主に水平方向に動くが、海上の船舶は波の影響により基地局に対し垂直方向に大きく揺れたり、停泊するために転回するなど、陸上における無線伝送環境とは大きく異なる。

これに対し今回は、基地局および移動局の双方に実装したビームフォーミング技術を前提に、2段階のビームサーチによる高効率かつ高精度の3Dビーム追従技術を駆使。これによって波による揺動などの影響を受ける海上でも安定した無線伝送を可能とし、最大1.1Gbpsの上りリンク伝送を実現したという。

今回の成果は、2018年5月23日から開催される「Wireless Technology Park 2018」内のパビリオン「5G Tokyo Bay Summit 2018」において展示予定。

関連記事