本体およびアプリのアップデートも

リコー、「RICOH THETA V」プラグイン開発を支援するパートナープログラム

編集部:小野佳希
2018年06月28日
リコーは、ワンショットで360度の全天球写真/動画を撮影できるカメラ「RICOH THETA V」のプラグイン開発を支援する、「RICOH THETA プラグイン パートナープログラム」を開始した。

RICOH THETA V

プログラムに登録することで、RICOH THETA Vに機能を追加できるプラグインの開発が可能になる。スムーズなプラグイン開発が行えるよう、オンラインサポートによる支援も受けられる。また、開発したプラグインは、7月に開設予定のストアにアップロードして公開することができる。

これに伴い、RICOH THETA V本体、およびパソコン用アプリケーションもファームウェアアップデートを実施。開発者モードにできるようになった。

なお、本体アップデートでは開発者モード以外にも機能追加を実施。Android/iOSアプリもアップデートを行っている。それぞれのアップデート内容は下記の通り。

■RICOH THETA V 本体

・開発者モードにできるようになった
・スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶可能に
マイセッティング登録した撮影条件は、スマートフォンと接続していない状態でカメラの電源をONしたときに有効になる
マイセッティングは静止画のみ利用可能
・軽微な改善を実施
・バグフィックス

■RICOH THETA for iOS/RICOH THETA for Android
・アプリからプラグインを起動可能に
・RICOH THETA Vと接続時に、マイセッティングとして自分好みの撮影条件をカメラに登録できるようになった
-スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶可能
マイセッティング登録した撮影条件は、スマートフォンと接続していない状態でカメラの電源をONしたときに有効になる
マイセッティングは静止画のみ利用

■パソコン用アプリケーション
・RICOH THETA Vを開発者モードにできるようになった
・起動するプラグインを選択できるようになった
・軽微な改善を実施

関連記事