有機EL機「FZ1000/950」と液晶機「FX800/780/750/600」

パナソニック、4Kテレビ“ビエラ”6シリーズを「HDR10+」対応アップデート

編集部:小野佳希
2018年10月30日
パナソニックは、「FZ1000」など同社製4Kテレビ“VIERA”計6シリーズを「HDR10+」対応にするファームウェアアップデートを本日10月30日から開始した。


対象は有機ELモデル「FZ1000」「FZ950」と、液晶モデル「FX800」「FX780」「FX750」「FX600」シリーズの合計6シリーズ。なお、FX600を除く5シリーズでは、厳しい認証規格をクリアした機器だけに与えられるHDR10+認証も取得している。ネットワークダウンロードで最新ファームウェアを提供開始している。

アップデートにより、HDMI入力がHDR10+規格に対応。「4K/60p、HDRに対応した18Gbps対応のHDMI1/2端子への接続をおすすめします」としている。

今夏に「ファームウェアのアップデートを実施することで、2018年の4K対応テレビの大半が、HDR10+に対応する予定」と予告していた(関連ニュース)アップデートが実行された格好。また、IFA2018でもHDR10+のデモが披露されていた(関連ニュース)。

HDR10+は、HDR10を拡張し、ダイナミックメタデータをそれぞれのフレームに加えた新規格。よりハイクオリティな映像表現を可能にするとしている。ダイナミックメタデータを採用したHDR規格では、ほかにドルビービジョンがあるが、HDR10+はライセンス料がロイヤリティフリーであることが特徴の一つとなっている。初の「HDR10+」収録UHD BDソフトが先日に米国で発売されている(関連ニュース)。

関連記事