カロッツェリアχとTADの技術を投入

パイオニア、ハイエンドカーナビ「サイバーナビ χシリーズ」に8V型大画面モデルを追加。約28万円で12月発売

編集部:押野 由宇
2018年10月02日
パイオニアは、ハイエンドオーディオ カーナビ “サイバーナビ χシリーズ” に8V型大画面モデル「AVIC-CL902XS」を追加、12月より発売する。価格は278,000円(税抜)。

「AVIC-CL902XS」

サイバーナビ χシリーズは、これまでハイエンドカーオーディオ“カロッツェリアχ”で培ってきた音響技術や、ハイエンドホームオーディオブランドであるTADから継承した技術開発思想を基に、銅メッキシャーシなどによる徹底的なノイズコントロールに加え、静音化と制振化を追求。シャーシ構造を大幅に強化するとともに、音質にこだわり抜いた最高品位の高音質パーツを惜しみなく採用したという、音質にこだわった新シリーズだ(関連ニュース)。

今回ラインナップされたのは、8V型ワイドXGAモニター搭載のラージサイズメインユニット。車種ごとに設計された別売の8V型カーナビゲーション取付キットにより、車のコンソールにフィットする取り付けが可能となっている。

本体は側面と背面だけでなく、内部の中間シャーシにも銅メッキを使用することで、カーナビ基板とオーディオ基板の間のノイズを徹底的に遮断。さらに、製品右側面へ集中的に銅メッキビスを使用することで、オーディオブロックへ回り込まないようにノイズの流れをコントロールしている。

また、背面のヒートシンクには銅メッキ処理のほか、絶縁シートを加えることでカーナビ基板とオーディオ基板のGNDシャーシ間にノイズが回り込まないようにするなど、徹底的かつ緻密なノイズコントロールが特徴となっている。

シャーシは静音化と制振化を追求。背面に静音タイプのファンを採用し、固定用のビスを追加することで、騒音や振動がもたらす音への影響を徹底的に排除するとともに、振動そのものも抑制した。さらに、製品背面の制振用T字スリットや要所に配した銅メッキシャーシにより、堅牢かつ振動に強いシャーシ構造を実現したとする。

電源供給やスピーカー出力などの役割を担う電源ケーブルと、外部のパワーアンプへ音楽信号を伝送するAV入出力ケーブルにはOFCを採用。端子の素材にもこだわり、金メッキ処理を施している。

ハイエンドオーディオ用のオペアンプとして新日本無線社の「MUSES シリーズ」を変換回路に採用したことも特徴だ。I/V変換回路に、バイアス電流の低いJ-FET入力タイプ「MUSES8920」を差動出力変換としてフロント/リア用に4基搭載することで、低雑音、高利得帯域、低歪率、高スルーレートを実現。LPF回路にはバイポーラ入力で「MUSES8820」を 2基搭載、理想的なI/V変換を実現したとしている。

ほか、サイバーナビ χシリーズ専用にフルカスタマイズされたオーディオ電源用アルミ電解コンデンサーや、同じく専用のチューニングが施された高音質トロイダルコイルを採用。またハイエンド機器で使用される「サウンドマスタークロック回路」をサイバーナビ χシリーズ専用に開発するなど、各パーツが厳選されている。

ハイレゾ音源再生は96kHz/24bitに対応し、FLAC、WAV、ALACなどのファイルフォーマットが再生可能。CD音源などの可聴帯域内に存在する量子化ノイズを除去するとともに、可聴帯域以上の音楽信号を復元させることで再生周波数帯域をハイレゾ音源に近づけるという「マスターサウンドリバイブ」機能を備えている。

デザイン面では、ハードキー(NAVI/AV/HOME)とスマートコマンダーのロータリー部に「ROSE GOLD」の蒸着処理を施した。また、そのほかのハードキー部分などには高品位な専用色のピアノブラック塗装を行うとともに、専用チューニングされたホワイトのキーイルミネーションを採用。オープニング画像やHOMEメニューの背景デザインは、静寂感と先進性をイメージさせる専用デザインとアピールする。

関連記事