HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

「SoundMaker's」を展開

カーオーディオの頼れる味方! 受賞歴多数、スーパーオートバックス羽村に聞いた “楽しい音” へのこだわり

土方久明

前のページ 1 2 次のページ

2018年06月14日
車の中で大好きな音楽をかければ、ドライブの楽しさは倍増する。そこからさらに「良い音で音楽を聴こう!」と音質を追求するのが、カーオーディオというジャンルだ。

しかし、「車の中で良い音を聴きたいな」と初めて思い立ったとき、一体どこに行けば良いのかと悩まれる方も少なからずいるはず。そんな時は、車用のオーディオを取り扱っているショップに行くのがお勧めだ。

カーオーディオを扱うショップは、専門店から大規模な店舗まで全国にたくさん存在する。本稿では、全国に店舗を構えるカー用品最大手チェーン「オートバックス」の1つ、東京都羽村市の「スーパーオートバックス羽村」(以降、SA羽村)を取材した。

「スーパーオートバックス羽村」

ご存知のとおり、オートバックスは全国展開しているお店だ。それらの店舗は、「スーパーオートバックス」と「オートバックス」の2種に分類され、前者はより店舗面積が大きく、他業種の店舗も入店する複合施設として運営されている店舗もある。

SA羽村は、数あるオートバックスの店舗の中でもカーオーディオにかなり力を入れており、カーオーディオの音質を競うコンテスト(後ほど詳しく紹介する)にも積極的に参加する、面白い存在のお店だ。

カーオーディオに強いオートバックス羽村

店舗に到着した取材陣を待ち受けていたのは、後述するスペシャルなオーディオ部門「SoundMaker's」(サウンドメーカーズ)の代表である友松仁司氏。

友松仁司氏

店内に入ると、タイヤ、オイルなどの消耗品から、注目の集まっているドライブレコーダー、カーナビなど車関連のアフターパーツが所狭しと売られている。これらの製品を購入すると、多くはその場で車に取り付けてもらえる。

さらに店内を見渡すと、オーディオやカーナビゲーションなどが多く展示されていることに気が付く。そう、先にお話ししたとおりSA羽村は数あるオートバックスの中でカーAV関連にも力を入れており、初心者からストイックに音を追求するコアなファンまで、幅広い層のお客さんが訪れることで有名な店舗なのだ。

各メーカーのスピーカーユニットが揃えられたブースは壮観

カーオーディオやカーナビゲーションシステムを多数ラインナップ

友松氏は、元々は大手自動車メーカーで開発エンジニアとして敏腕を振るっていた人物で、オーディオと車好きが高じて2011年にオートバックスに入社。それ以来ずっと、SA羽村のオーディオ部門を支えている。ちなみに、筆者が友松氏と知り合ってから3年ほど経つが、いつ話しても明るく「本当に車が好きなんだな」と感じる人物だ。

そんな友松氏が在籍するSA羽村は、カーオーディオに興味を持った初心者ユーザーにとって頼れる存在だ。まず、取材を通して分かったことをお伝えしたい。それは3点ある。

1点目は、大手量販店の強みを生かした豊富な品揃えだ。カロッツェリア(パイオニアのカーAVブランド)、ケンウッド、アルパインなどの国内大手ブランドから発売されているヘッドユニット(アンプ内蔵のプレーヤー)/カーナビゲーション、純正交換タイプのスピーカーなどを展示している。

さらにカーオーディオ専門の海外ハイエンドブランドも充実。アンプはイタリアのMOSCONI、スピーカーがドイツRS Audioやイスラエルmorel、スウェーデンDLS。DSPはドイツHELIXと豪華だ。ちなみにRS Audio「RS Master 2」をディスプレイで試聴できる店舗は極めて貴重。DLSも、東日本で試聴できる機会は少ないブランドとなっている。

ハイエンドのカーオーディオ製品を取り扱うのもSA羽村の特徴だ

またホームオーディオと同様、ケーブルや電源周りのアクセサリーも豊富に取り揃えている。これらはすべて、スタッフが自信を持って勧められるものだけを展示しているという。

2点目はエントリーユーザー向けプランが充実していること。カーオーディオを始める最初のステップは、純正のヘッドユニット/ナビゲーションを社外品に交換したり、スピーカーを交換する場合が多い。

友松氏も「手軽に音質を上げたい時はまずスピーカー交換がお勧めです」と話してくれた。SA羽村ではエントリーユーザーを応援する形で、税抜6万円以下のスピーカーとスピーカーケーブルをすべて交換し、さらに取り付け工賃と振動対策を行う「デッドニング」加工も含め、すべて込みで税抜10万円というプランを用意している。なお、交換するスピーカーケーブルの長さは15mまでとなるが、内蔵アンプシステム前提のプランなのでほとんどの車、スピーカーであればまず問題ない。

3点目は料金体系が明快なことだ。ホームオーディオと違い、カーオーディオは製品の取り付け作業が発生する。つまり製品購入代金に加えて、取り付け工賃が別途かかるわけだ。SA羽村では基本料金が決まっており、それに準じて作業が行われる。

また、当然のことながら法令を遵守する取り付けを行い、車検に通る車に仕上げている。それに、安全性に気を配っているのもポイントだ。「例えば、ステアリングから手を離さずオーディオ機器を操作できるステアリングリモコンも、積極的に使用するようにしています」(友松氏)。

今挙げた要素は、カーオーディオの知識が少ない初心者ユーザーにとって特に安心感を高めてくれるはず。筆者も非常に好感を持った。

ユーザーと作り上げるカーオーディオ

前のページ 1 2 次のページ

関連記事