地デジ/BS/110度CSチューナーも装備

ソニーのBS/CS 4K放送チューナー、約5.5万円で11月10日発売。Wチューナーで裏録対応

編集部:小野佳希
2018年09月04日
ソニーは、開発中であることを明かしていた新4K衛星放送用外付けチューナーを正式発表。地デジ/BS4K/110度CS4Kチューナー「DST-SHV1」として11月10日に発売する。オープン価格だが55,000円前後での実売が予想される。

DST-SHV1

4Kテレビに接続することで、今年2018年12月1日から開始予定の新4K8K衛星放送のうちの4K放送を受信できるチューナー。BS/CS 4K放送用チューナーだけでなく、地デジ、および従来のBS/110度CSチューナーを搭載している。

利用イメージ

ポイントは各チューナーとも2基搭載するWチューナー機であること。USB-HDDへの録画にも対応するため、4K放送の番組を視聴しながら、別の4K放送の裏番組録画が行える。

背面端子部

同社製テレビ“BRAVIA”(ブラビア)のリモコンでも本機の基本操作が可能。4K放送伝送に対応したHDMIケーブル(2m)も付属する。本体外形寸法は約283W×50H×225Dmm。

同梱リモコン

関連リンク

関連記事