タッチ操作非対応の「DSC-HX95」も

<IFA>ソニー、720mmズームを世界最小ボディで実現した“サイバーショット”「DSC-HX99」

編集部:小野佳希
2018年08月30日
ソニーは、デジタルカメラ“サイバーショット”の新機種として、世界最小の小型ボディにZEISSバリオ・ゾナーT*24-720mmの高倍率ズームレンズを搭載した「DSC-HX99」と「DSC-HX95」をIFA 2018で発表した。欧州では10月の発売を予定しており、タッチ操作対応のHX99が520ユーロ程度、タッチ非対応のHX95が500ユーロ程度での販売を見込んでいる。

DSC-HX99

望遠端700mm以上(35mm換算)のレンズを搭載したレンズ一体型デジカメとして世界最小のボディサイズに、ZEISSバリオ・ゾナーT*24-720mmの高倍率ズームレンズを搭載。「一台で広角から超望遠までをカバーし、旅先から日常まで携行して軽快に撮影できる」とアピールしている。

4K動画の本体内記録に対応することに加え、最新の画像処理システムの搭載により、最大10コマ/秒の高速連写性能と、高速・高精度なファストインテリジェントAFを実現したと説明。新たに瞳AF機能やRAW出力にも対応した。

HX99はタッチ操作対応の液晶モニターを装備。タッチフォーカスとタッチシャッター機能を利用できる。

そのほか、両機ともWi-Fi機能を搭載し、スマートフォンなどのモバイル機器と連携可能。また、Bluetooth経由での位置情報取得にも対応している。

関連記事