4Kテレビと並べての比較視聴コーナーも

<IFA>サムスン、8Kテレビ「QLED 8K」をブースでアピール。マイクロLED「The Wall」も

編集部:小野佳希
2018年09月01日
現地時間8月31日からIFA 2018の会期が正式にスタート。サムスンのブースでは、先行して開催されたプレスカンファレンスで発表した8Kテレビ“QLED 8K”「Q900R」シリーズが大きくアピールされている。

QLED 8K

会場入口すぐにQLED 8Kコーナーを展開

ブースではQLED 8Kを各サイズ展示していることに加え、4Kテレビと並べての比較視聴コーナーも展開。SD/フルHD/4Kコンテンツそれぞれからのアップスケール結果を見比べられるようにすることで、「8K AIアップスケーリング」機能の効果をアピールしていた。

4Kテレビとの比較試聴デモも

また、8Kモデル以外のQLED TVも各所でアピール。曲面ディスプレイの“QLED Monitor”とともに、ゲーミング用途にも適した製品であることを紹介するなどしていた。テレビではそのほか、絵画の額縁のようにベゼルを着せ変えられる“THE FLAME”の展示も行っている。

狭額縁化が進んだことで10年前の60型の本体サイズで75型大画面が可能になったことを紹介するデモ


THE FLAME

ゲーミング用途のデモも

また、自発光するRGBのマイクロLEDを光源としたモジュール式のテレビ「The Wall」もデモ。デジタルサイネージ用途のモジュール式LED「IF015H」もデモを行っていた。

IF015Hの展示

THE WALLのデモ

テレビ以外では、Galaxy Note9の様々な体験コーナーを大々的に展開。AKGのヘッドホン/イヤホンとの組み合わせで音楽再生を楽しんだりもできるようにしていた。

そのほか同社製品を使ってのスマートホームもアピール

AKGヘッドホンとGalaxy Note9を組み合わせて試すことなどができる

関連記事