お台場ソニー・エクスプローラサイエンスで開催

ソニー、子供向けに「ペットボトルと牛乳パックでヘッドホンを作る」ワークショップを開催

編集部:成藤正宣
2018年08月08日
ソニーは、東京・お台場の体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」にて、小学3年生〜中学3年生の子供を対象にしたワークショップ『ペットボトルと牛乳パックで作るヘッドホン』を、9月9日に開催する。

お台場のソニー・エクスプローラサイエンスにて、ヘッドホンを作るワークショップを開催

参加費は無料(別途、1リットル牛乳パックの持参と入場料が必要)で、定員は24名。参加申し込みはソニー・エクスプローラサイエンスWebページの応募フォームより行う。

同社の特例子会社であるソニー・太陽株式会社が、次世代を担う子どもたちの科学への興味や関心を育て、また人種や障がいなどの有無にとらわれず多様性を尊重する活動「ダイバーシティ&インクルージョン」を体験してもらう取り組みとして、毎年主催しているイベント。

「イヤホンやヘッドホンはどうして音が鳴るのか」をテーマとして、ソニーのエンジニアが音の発生や電磁誘導の仕組みを解説。学んだ知識を活かし、ペットボトルや牛乳パックなどの材料を使ってヘッドホンを組み立てる内容となっている。

イベントの詳細はソニー・エクスプローラサイエンスのニュースページ、ヘッドホン組立作業の詳細は同社Webサイトにて確認できる。

イベント詳細
●日時:
2018年9月9日(日) 13:30〜15:30(受付開始は13:00から)
●会場:
ソニー・エクスプローラサイエンス
東京都港区台場 1-7-1 アクアシティお台場 5F
●対象
小学3年生〜中学3年生の生徒
(障がいのある生徒は上記年齢外でも応相談)
●定員
24名
●応募方法:
申し込みページより応募
応募締切は8月22日
応募者多数の場合、抽選の上、8月24日までにメールにて当落通知

関連記事