左旋波用には専用アダプターを用意

フレッツ光で新4K8K衛星放送がアンテナなし視聴可能に。右旋は12月、左旋は来夏提供開始

編集部:小野佳希
2018年07月12日
スカパーJSATおよびNTT東西は、今年12月から始まる新4K8K衛星放送を「フレッツ・テレビ」サービスを通じてアンテナ不要で視聴できるようにすると発表。従来のBS放送で使用している右旋波での4Kチャンネルは放送と同時の12月1日から、新たに使用されることになる左旋波でのチャンネルは2019年夏以降に提供開始すると発表した。

3社から幹部が出席し発表会を開催

専用アダプターを使うことで左旋波での4K8K放送も宅内設備の大幅改修不要で視聴可能に

利用には、AV機器メーカー各社から発売予定の新4K8K放送チューナーと4K/8Kテレビ、またはチューナー内蔵テレビ、およびフレッツ光回線、フレッツ・テレビサービスの契約が必要。左旋波でのチャンネルの視聴には、今後の提供を予定している専用アダプターも追加で必要となる。

専用アダプター

新4K8K衛星放送を事業者がいったん受信して周波数を変換し伝送。視聴者側の専用アダプターでそれを元の周波数に戻して視聴する

本サービスでの新4K8K衛星放送は、現在のフレッツ・テレビの提供エリアと同じ地域で視聴可能。現在、フレッツ・テレビは26都道府県で提供している。

フレッツ・テレビ提供エリアであれば新4K8K衛星放送の配信も視聴可能

フレッツ・テレビはテレビ放送を光回線で配信するサービス

月額利用料は各通信事業者によるフレッツ・テレビ伝送サービス利用料(※各事業者ごとに異なる)と、テレビ視聴サービス利用料の300円(以後、価格はすべて税抜)。専用アダプターのレンタル料は今後改めて案内するとしている。

NTT東西によるフレッツ・テレビサービスの場合は、フレッツ・テレビ伝送サービス利用料450円と上記テレビ視聴サービスの300円、合計750円になる予定。左旋チャンネル視聴には別途でアダプターのレンタル料金が加わる。

なお新4K8K放送はオプションメニューなどではなく、フレッツ・テレビサービスのユーザー全員を対象にして提供される。そのため、新4K8K衛星放送が不要な場合でもフレッツ・テレビサービス利用者は上記料金に利用料が改定され、現在の660円から90円だけ値上げされることになる。

従来のフレッツ・テレビと同様、光ファイバーでテレビ番組を伝送するため、視聴者はアンテナを立てる必要がない点が特徴。左旋波での4K8K放送は放送事業者(スカパー!等)の設備で一度変換して伝送し、視聴者宅の専用アダプターで元の周波数に戻す “周波数変換パススルー” を採用することで、視聴者宅の屋内設備を大きく変える必要がないのも大きなメリット。なお、左旋チャンネルの提供が右旋チャンネルより遅れるのは、事業者側の設備をこの周波数変換パススルーへ対応させる改修が必要なため。

今回のサービスを利用すれば4K放送用にアンテナを立てたりブースターを設置したりといったユーザー側の準備が不要

右旋波でのチャンネルのフレッツ・テレビでの提供はすでに発表されていたが、今回新たに左旋波でのチャンネルも提供することが発表されたことになる。提供予定チャンネルは放送と同様で下記の通り。

■BS右旋4Kチャンネル(12月1日放送と同時に提供開始)
・NHK BS4K
・BS朝日 4K
・BS-TBS 4K
・BSジャパン 4K
・BSフジ 4K
・BS日テレ 4K(※2019年12月1日開局予定)

■BS/110度CS左旋4K・8Kチャンネル(放送開始:12月1日/フレッツ・テレビは来夏以降提供)
・映画エンタテインメントチャンネル
・ショップチャンネル4K
・4K QVC
・NHK BS 8K
・J SPORTS 1〜4
・日本映画+時代劇4K
・スターチャンネル
・スカチャン1・2 4K
・WOWOW(2020年12月1日以降開局予定)

スカパーJSATの仁藤雅夫副社長は、視聴者側が大幅な工事などを行わずに新4K8K衛星放送を視聴できるようになるメリットを改めて強調。専用アダプターも小型で設置性に優れることもアピールし、「今後の普及に向けて大きなポテンシャルがあるサービス」と語る。

スカパーJSAT 取締役執行役員副社長 仁藤雅夫氏

なお、専用アダプターはONU(モデム)とは別筐体。「将来的にONUに内蔵することも技術的には可能だが、そうするとフレッツ・テレビサービスが不要なお客様にも(機能向上で価格も上がる)新モデルのONUをお使い頂く必要が出てくるため、今のところ内蔵させる考えはない」という。

NTT東日本の遠藤玉樹氏は、アンテナやSTB不要でテレビを視聴できることなどフレッツ・テレビサービスの魅力をアピール。「光回線はフレッツ・テレビ用とインターネット用とで別々になっているので、(データ量の大きい4K8K放送含む)テレビとインターネットを同時に使っても、どちらもストレスなく利用できる」と語った。

東日本電信電話 ビジネス開発本部第一部門長 遠藤玉樹氏

フレッツ・テレビとインターネットサービスは別回線で伝送

また、2008年のフレッツ・テレビサービス開始以来、2011年の地上アナログ放送停波、2015年からの光コラボ(他社への光回線卸)提供などで順調に加入者数が増え、現在は163万契約を突破していることを紹介。「(東京オリンピック・パラリンピックがある)2020年に向けて、より高精細、高画質なサービスを提供していきたい」とした。

フレッツ・テレビは順調に契約を伸ばしている

関連記事