VECLOSや新ブランド「InEarz」も

<ポタ研>beyerdynamic「AVENTHO WIRED」、KOSS「PORTAPRO WIRELESS」など注目の参考出展続々

編集部:風間雄介
2018年07月07日
本日7月7日、フジヤエービック主催のポータブルオーディオ関連イベント「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研)2018夏」が開催された。本稿ではティアックやVECLOS、InEarz/COMPLYの模様を紹介する。

ティアック(beyerdynamic)

ティアックは、ほぼbeyerdynamic一色というブース展開。中でも注目なのは、本日発売となったハイエンドBluetoothヘッドホン「AMIRON WIRELESS JP」だ。

本日発売となったbeyerdynamic「AMIRON WIRELESS JP」

AMIRON WIRELESS JPは実売価格8万円前後と、ワイヤレスヘッドホンとしては高価な部類だが、同社のハイエンド・ワイヤードヘッドホンにも搭載されているテスラテクノロジーをBluetoothに最適化して搭載。さらに右側のイヤーカップがタッチパッドになっており、ここで再生/一時停止/曲送り・戻しなど様々な再生が行えるなど、操作性も工夫した。

Bluetoothのコーデックについても、SBC/AAC/aptXはもちろん、48kHz/24bit伝送を可能にするaptX HDや、低遅延なaptX LLにも対応している。さらに個人ごとに異なる聞こえ方をプロファイルとして保存し、音質を最適化する機能まで備えている。

このAMIRON WIRELESSだけでなく、同社ブースには参考展示の新製品が多数置かれていた。

まずは「AVENTHO WIRED」。その名の通り、オンイヤータイプのワイヤレスヘッドホンながらテスラテクノロジーを搭載して話題となった「AVENTHO WIRELESS」のワイヤード版という位置づけ。ケーブルが両出しとなっているのも嬉しい。もちろんAVENTHO WIRELESSの質感の高さ、装着感の良さなどは受け継いでいる。また、エントリークラスのモニターヘッドホン「DT 240 PRO」も出展された。

beyerdynamic「AVENTHO WIRED」

beyerdynamic「DT 240 PRO」

そのほか、小型ながら高性能で、テスラドライバー搭載ヘッドホンも駆動できるDACヘッドホンアンプ「Impacto Essential」をベースに、iOS/Androidに両対応し、さらに一体化するバッテリーパックも同梱した「Impacto Universal」も出展。384kHz/32bitのPCM、5.6MHzのDSDに対応している。

「Impacto Universal」

外付けバッテリーと一体化することで駆動時間を延ばせる

KOSSからは、あのロングセラーモデル「PORTAPRO」のワイヤレスモデル、その名も「PORTAPRO WIRELESS」が登場。Bluetoothモジュールやバッテリーなどはケーブル部に搭載するという方法でワイヤレス化を実現した。

KOSS「PORTAPRO WIRELESS」

これらの参考出展モデルの発売時期、価格などはまだ未定とのこと。続報が入り次第お伝えしたい。

VECLOS

あのサーモスのオーディオブランド、VECLOSの名前はオーディオファンのあいだに根付いてきた感がある。今回のポタ研でも、5月に発売されたPC向けスピーカー「SSB-380S」のほか、これまでも参考展示されてきたヘッドホン「HPT-700」「HPS-500」、イヤホン「EPT-700」「EPT-500」「EPS-700」「EPS-500」などを出展した。

VECLOS「SSB-380S」

すべて価格はオープンだが、8月末に発売予定となっている。7月14日に予約受付を開始し、イヤホン4機種は7月14日から数量限定で先行販売する。

EPT-700/EPS-700はチタンハウジングで、2ウェイのワイドレンジ・バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載。一方のEPT-500/EPS-500はステンレスハウジングで、フルレンジ・バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載している。

ヘッドホンも「HPT-700」はチタンハウジング、「HPS-500」はステンレスハウジングという違いがある。密閉ダイナミック型で、ドライバーは共に40mmフリーエッジ・カーボンペーパードライバーを搭載している。

VECLOSのヘッドホン「HPT-700」「HPS-500」

アメリカの新ブランド「InEarz」

日本でCOMPLYのイヤーチップを展開するエントリージャパンは、新たに輸入販売開始するアメリカの新ブランド「InEarz」の紹介に力を割いていた。

InEarzのユニバーサルイヤホンは「ZEN 2」と「ZEN 4」の2機種をラインナップ。どちらもこの2-3週間以内に発売する予定とのこと。

InEarz「ZEN 4」

ZEN 2は2BAドライバー構成で、64 AUDIOなどにも搭載されている聴覚保護技術「ADELテクノロジー」を採用していることが特徴だ。価格は55,000円前後になる見込み。

ZEN 4はモデル名の通り4ドライバー構成で、こちらもADELテクノロジーを搭載している。価格は80,000円程度になりそうとのことだった。

InEarzではこのほか、カスタムIEMにも力を入れている。下位上位はEuphoriaやNirvanaといった高級モデルも置かれていた。

カスタムIEMも展示

COMPLYのイヤーチップももちろんアピール

関連リンク

関連記事