日本初の実証実験

KDDI、JAL国際線ラウンジで「THX認証」スマートグラスを用いた3D映像視聴デモ

編集部:押野 由宇
2018年06月18日
KDDIは、日本航空と連携して、羽田空港国際線ターミナルのJAL国際線サクララウンジ・スカイビューにおいて、スマートグラスを利用した映像視聴に関する実証実験を実施する。期間は6月20日から6月29日 7:00 - 12:30まで。空港ラウンジにおけるスマートグラスを用いた3D映像体験の提供は日本初の試みとなる。

本実証実験では、貸し出しする専用のスマートグラスで任意の映像視聴サービスを無料で体験可能。ラウンジ内の席にてスマートグラスを装着し、KDDIが提供する数種類の映像コンテンツを選んで楽しむことができる。

利用イメージ

使用するスマートグラス「R-9」は、戦略的パートナーシップを締結しているODG (Osterhout Design Group)が開発したもの。50度の広い視野角に加えて、ハリウッド映画などの映像再生クオリティを認証する「THXディスプレイ規格」をスマートグラスで初めて取得したモデルで、高画質ビデオの視聴が可能としている。

提供コンテンツは『沖縄の美しい海(沖縄、座間味島)』『北アルプスの雄大な山々』『ユウリ3Dマジックショー』『ネコのミーちゃん』『OSAKA 360』の5つ。

提供される映像コンテンツ

関連リンク

関連記事