テクニクスのヘッドホンやAVIOTのラズパイオーディオも

【ヘッドホン祭】パナソニック、LDAC/aptX HD両対応機などアピール/NuForceの完全ワイヤレスイヤホン「BE Free5」、発売前に体験可能

編集部:小野佳希
2018年04月28日
ヘッドホンをはじめとするポータブルオーディオ関連ブランドが集う「春のヘッドフォン祭2018」が東京・中野サンプラザで開幕した。本稿ではパナソニック、バリュートレードブースの展示をレポートする。

■パナソニック

パナソニックは、LDACとaptX HDの両方に対応するワイヤレスヘッドホン「RP-HD600N」(レビュー記事)や、独自構造によって装着感を向上させたイヤホン「RP-HDE1」といった2018年モデルを中心に、各製品を展示している。

RP-HD600N

2018年モデルでは、レトロデザインの「RP-HTX80B」も用意。そのほかテクニクスブランドのヘッドホン「EAH-T700」も体験できるようにしていた。

RP-HTX80B

EAH-T700

■バリュートレード

バリュートレードは、Optoma / NuForce、AVIOT、NUHEARA、Spinfitといった、同社が取り扱う様々なブランドの製品を幅広く展示している。

Optoma / NuForceでは、完全ワイヤレスイヤホン「BE Free5」(レビュー記事)を国内イベント初展示。5月18日の発売に先駆けて製品を体験できる。

BE Free5

AVIOTでは「DAC 01」「CASE01」といったRaspberry Piオーディオ製品やBluetoothイヤホン「WE-D01」を展示。そのほかNUHEARAの完全ワイヤレスイヤホン「IQbuds」も体験可能なほか、Spinfitのイヤーチップ体験にも人気が集まっていた。

AVIOT製品も各モデルを展示

SpinFitのイヤーチップも体験可能

関連記事