「SC-HTB250」はサブウーファー付き

パナソニック、高さ5.1cmでテレビ足元にも置きやすい小型サウンドバー「SC-HTB250/HTB200」

編集部:川田菜月
2018年04月10日
パナソニックは、幅45cm×高さ5.1cmのコンパクトデザインを採用した「SC-HTB250」「SC-HTB200」を5月18日から発売する。価格はオープンだが、サブウーファー付きのSC-HTB250が30,000円前後、SC-HTB200が20,000円前後での実売が想定される。

「SC-HTB250」

「SC-HTB200」

高さ5.1cmと低背設計で、テレビの足元にも置きやすい省スペースな小型デザインを採用。バー本体は器のような台形型とし、定在波の反射を抑制し共振を低減するとしている。また新搭載のダイナミックエアロポートにより、コンパクトながら迫力ある低音や臨場感あるサウンドを楽しめるとのこと。

高さ5.1cmと低背設計で、テレビの足元にも置きやすい

スピーカー部は4×10cmコーン型を2基搭載、最大出力は40W+40W(1kHz、6Ω、全高調波ひずみ率10%、非同時駆動)。端子類はHDMI出力(ARC対応)と光デジタル音声入力を各1基ずつ装備する。

いずれもBluetooth Ver.2.1+EDRを搭載.。プロファイルはA2DP、コーデックはSBCをサポートする。HDMIのCEC機能にも対応。対応テレビと連動して、一つのリモコンで電源ON/OFFや音量調整の操作も可能。

SC-HTB200は“一本バー”タイプ、SC-HTB250はサウンドバーとワイヤレスサウブーファーで構成された2.1chシステムとなる。SC-HTB250のサブウーファーは縦横置き両対応で、Bluetoothにより本体とケーブルレスに接続できる。サブウーファーの最大出力は40W(100Hz、4Ω、全高調波ひずみ率10%、非同時駆動)、バー本体と合わせた最大出力は120Wとなる。

SC-HTB250のサブウーファーは縦横置き両対応

バー本体は外形寸法が450W×51H×135Dmm、質量は約1.6kg。SC-HTB250のサブウーファーは外形寸法97W×451H×307Dmm、質量は約4.4kg。
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SC-HTB250
  • 発売日2018年5月18日
  • 価格¥OPEN(市場想定価格30,000円前後)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SC-HTB200
  • 発売日2018年5月18日
  • 価格¥OPEN(市場想定価格20,000円前後)

関連記事