首周りにフィットするデザイン

JBLからも首掛け式Bluetoothスピーカー「SOUNDGEAR」登場。テレビ向けモデルも

編集部:風間雄介
2018年04月13日
ハーマンインターナショナル(株)は、JBLブランド初のウェアラブルワイヤレススピーカー「SOUNDGEAR」を4月27日に発売する。価格はオープンだが、直販サイト価格は19,880円(税抜)。

JBL「SOUNDGEAR」

首回りにフィットするデザイン

また、SOUNDGEAR本体に加え、テレビ用Bluetooth送信機を同梱した「SOUNDGEAR BTA」も同日発売。こちらもオープン価格だが、直販サイト価格は24,880円(税抜)となる。

SOUNDGEARの本体カラーはブラックのみで、質量は約370g。デザインは首周りのラインにフィットするよう、人間工学に基づき設計されているという。スピーカーは31mm径ドライバーを4基搭載。ほかにバスブーストユニットも備えるという。最大出力は3W×2、周波数特性は100Hz〜20kHz。

使用イメージ

Bluetoothのバージョンは4.2で、コーデックはSBCとaptXに対応する。対応プロファイルはA2DP V1.3、ASVRCP V1.5、HFP V1.6、HSP V1.2。

本体にボタンを備え、音楽や通話の操作も可能。またデュアルマイクを備え、エコー&ノイズキャンセレーション機能もあいまって、高品位なハンズフリー通話が行えるという。バッテリー持続時間については、音楽再生時間は約6時間で、充電時間は約2時間となる。

なお「SOUNDGEAR BTA」に同梱されるBluetooth送信機は、音声入力に光デジタル端子と3.5mmアナログ端子を搭載。本体は約35gとなる。なお、SOUNDGEAR BTAのBluetoothのバージョンは4.1。コーデックはSBCとaptXに対応する。

関連記事