幾何学デザインで定在波を抑制

MASTER&DYNAMIC、コンクリート製筐体のワイヤレススピーカー「MA770」。約23万円

編集部:伊藤 麻衣
2018年04月03日
(株)アユートは、MASTER&DYNAMICのコンクリート製ワイヤレススピーカー「MA770」をMoMAデザインストアにて4月6日より発売開始する。価格はオープンだが、228,000円前後での実売が予想される。

「MA770」

Wi-FiおよびBluetoothに対応したワイヤレススピーカー。筐体の素材に音響特性に優れるというコンクリートの複合材を採用したことが最大の特徴。デザインは、世界的な建築家SIR DAVID ADJAYE(デイビッド・アジャイ卿)が手がており、ボディには音質面にも配慮された幾何学的なデザインが施されている。

特徴的なデザインが施されている

スピーカーユニットは、約38mm口径のチタントゥイーターを1基と、約101mm口径のケブラーコーンウーファーを2基搭載。これらを、最大出力100Wのclass Dデジタルアンプで駆動する。また、背面にバスポートを設け豊かな低域再生も実現したとする。再生周波数帯域は、20Hz〜20kHzをカバーする。

ロングストロークを可能にするという100mm径ケブラーコーンウーファーをデュアルで搭載

Bluetooth規格は、バージョン4.1に準拠。また、Wi-Fi機能とChromecastを内蔵し、SpotifyやSoundcloud、Deezerなどのストリーミング再生にも対応する。

接続端子は、3.5mmステレオミニの外部音声入力端子と、TOSLINK光デジタル入力端子を各1系統ずつ備える。

背面端子部

筐体にジオメトリー(幾何学)デザインを採用し、音質に悪影響をあたえる定在波を抑制。スピーカーグリルはステンレススチール製で、着脱しやすいマグネット式となっている。外形寸法は、約410W×510H×245Dmm。質量は約16kg。

建築家SIR DAVID ADJAYE(デイビッド・アジャイ卿)

なお同社は、本機のデザインを手がけたSIR DAVID ADJAYEのコメントを紹介している。「このスピーカーは“箱”という伝統的な考え方ではなく、方向性のある形をしています。私は三角形を使って箱の大きさを分解し、彫刻のディテールを通してボリュームの感覚を取り消していく、その構築過程にとても魅了されました。そして、このスピーカーのための新しい幾何学を作りあげました。サウンドのための新しい幾何学です」。

関連記事