価格を抑えた「MDV-L405/W」も同日発売

ケンウッド、Bluetooth対応/高速レスポンスの彩速ナビ「MDV-L505/W」。“K2”技術搭載、7万円

編集部:押野 由宇
2018年02月16日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、 “彩速ナビ” のエントリーシリーズ「TYPE L」の2018年新ラインナップとして「MDV-L505W/L505」「MDV-L405W/L405」の計4モデルを、3月上旬より発売する。価格はオープンだが、「MDV-L505W/L505」が70,000円前後、「MDV-L405W/L405」が60,000円前後での実売が予想される。

「MDV-L505W」(上)、「MDV-L505」(下)

高速レスポンスを実現する「ジェットレスポンスエンジンIII」を搭載し、ストレスのない快適な操作性を実現。同社製ナビ連携型ドライブレコーダー「DRV-N530」への接続を可能とし、ドライブレコーダーとの連携による運転のサポートにも対応するAVナビゲーションシステム。

両モデルともに地図データなどを検索・表示する際に高速レスポンスを実現する独自のデータ圧縮技術「S3フォーマット」を採用。HDDナビと同等レベルの膨大なナビデータを収録しながら、スムーズに情報を活用できるとする。

上級モデルとなる「MDV-L505W(ワイドモデル)」「MDV-L505」は、上位シリーズのみに採用している光沢パネルを装備し、地図描画が美しく視認性に優れた高画質を実現。ナビ機能ではクルマの傾きと全国の傾斜データとをマッチングする「高測3Dジャイロ」を搭載し、より高精度な自車位置測位を可能とした。

Bluetooth接続に対応し、ワイヤレス再生やハンズフリー通話が可能。プロファイルはHFP、PBAP、A2DP、 AVRCP、SPP、コーデックはSBC/AACに対応する。同社独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」により、CDなどのさまざまなディスクメディアや圧縮フォーマットを高音質で再生できるとしている。

ほか、OFDM復調ICの採用や、専用シールドでデジタル基板からの放射ノイズもれを徹底排除するなど、車内外のさまざまなノイズを抑え、電波が弱くてもクリアな地上デジタル放送を受信できる広感度地デジチューナーを搭載。

アプリではCDもしくは録音した楽曲にGracenoteデータベースサーバーから楽曲情報データを取得・転送できるスマートフォン用アプリ「KENWOOD Music Info.」および定額制音楽配信アプリケーション「SMART USEN」に対応する。

音楽再生ではCD/DVD、USB、SDメディアにおいて、MP3、AAC、WMA、WAV、FLAC、Vorbisフォーマットが再生可能。映像再生ではMPEG-4 Video、H.264/ MPEG-4 AVC、WMVが再生できる。

スタンダードモデルとなる「MDV-L405W(ワイドモデル)「MDV-L405」はBluetoothに非対応であるほか、内蔵センサーが2Dセンサー(ジャイロ1軸)となる、タッチパネルがノングレア処理であるなど、一部機能に差が設けられている。

「MDV-L405W」(上)、「MDV-L405」(下)

関連記事