HDRはPQとHLG両対応

EIZO、AIで画質を維持する業務用31.1型4K/HDR液晶ディスプレイ

編集部:川田菜月
2018年04月05日
EIZOは、4K/HDR対応の映像制作向け31.1型カ液晶ディスプレイ「ColorEdge CG319X」を5月23日に発売する。価格はオープンだが、直販サイト“EIZOダイレクト”での販売価格は594,000円(税込)。

「ColorEdge CG319X」

ColorEdge CG319Xは、従来モデル「ColorEdge CG318-4K」(関連ニュース)の後継にあたり、米国のデジタルシネマ規格「DCI 4K」(4,096×2,160)解像度表示や、4K/8K放送の色基準「Rec.2020」などに対応するハイエンド液晶モニター。

IPS液晶パネルは解像度4,096×2,160(アスペクト比17:9)、画面密度は149ppi。独自のデジタルユニフォーミティー補正回路を搭載し、輝度と色度が均一になるよう画面全体を全階調で補正し、均一な表示を保つとのこと。輝度の標準値は350cd/m2、コントラスト比は1,500対1、視野角は上下左右178度。「Rec.2020」対応のほか、デジタルシネマ規格「DCI-P3」を98%、Adobe RGBを99%カバーし、広色域表示を実現するとのこと。カラーモードは本体前面に備えたボタンから切替可能。

映像制作向けの新機能として、HDR映像コンテンツ制作時の編集作業および最終色調整(カラーグレーディング作業)に必要なHDR入出力特性(ガンマ)規格の配信・映画制作向け「PQ方式」と放送向け「Hybrid Log Gamma方式」の両方に対応する。専用ソフト「ColorNavigator 6/NX」では、任意のカメラLogをガンマに設定可能で、「HLG」を設定している場合はシステムガンマ値を1.0 - 1.5から選択できる。

モニター内部には、AI(人工知能)アルゴリズムを採用した温度センサーを搭載し、内部の温度変化をセンシングするとともに、周囲の温度変化を高精度に推定する。これにより階調・色度・輝度など、安定した正確な表示品質を維持できるとしている。

また、高い測定精度を持つキャリブレーションセンサーを内蔵。自動で経年変化による表示のずれを正しく再調整機能「セルフキャリブレーション」にも対応する。なお、これまでセルフキャリブレーション時にはモニター画面が暗転しPC作業ができなかったが、本機では再調整中も作業画面の表示が可能となった。

DCI 4K/60p入力対応のHDMI(10bit、4K/50/60p、4:2:2)/DisplayPort(10bit、4K/50/60p、4:4:4)端子を各2系統ずつ搭載。その他、USB 3.0端子をモニターコントロール用に1系統、USBハブ用に3系統(内1系統はバッテリーチャージ対応)を装備する。

なお本製品は、米国で開催される映像放送機器展「NAB Show 2018」と、映像制作・放送向けイベント「After NAB Show 2018」の同社ブースにて展示予定とのこと。

関連記事