直販価格は54万円

EIZO、映像制作用のDCI 4K対応31.1型液晶モニター

ファイル・ウェブ編集部
2014年11月18日
EIZO(株)は、テレビや映画などの映像制作市場向け31.1型4K液晶モニター「ColorEdge CG318-4K」を2015年3月20日に発売する。価格はオープンだが、同社直販サイトでの販売価格は54万円。

EIZO「ColorEdge CG318-4K」

4,096×2,160の、米国のデジタルシネマ規格「DCI」で定められた4K解像度表示に対応する。画素密度は149ppi。IPSパネルを採用しており、画面表面処理はノングレア。

また広色域であることも特徴で、デジタルシネマ向けの色域「DCI-P3」を98%、Adobe RGBは99%カバー。さらにRec.709、EBU、SMPTE-Cは100%カバーしている。またRec.2020の色域も選択することが可能だ。

「DCI-P3」を98%、Adobe RGBを99%カバー

コントラスト比についても、DCI規格に準拠した1,500対1という数値を実現。深い黒を実現するという。

キャリブレーションの専用ソフトColorNavigator 6 / ColorNavigator NXも用意。内蔵のキャリブレーションセンサーを用いて、規格やデバイスに合わせて高精度な表示調整が可能だ。さらに、内あらかじめ設定したタイミングに自動で、調整結果やプリセットのカラーモードを再調整することができる。

DCI 4K/60p対応のDisplayPort 1.2端子を2系統と、DCI 4K/30pまで対応したHDMI端子2系統を搭載。10bit入力にも対応している。なおDisplayPortとHDMIは、HDCP 2.2には非対応となる。側面にUSBハブを3ポート備え、うち1ポートはスマホなどのバッテリーチャージに対応している。

側面にUSBハブを3ポート備えている

【問い合わせ先】
EIZOコンタクトセンター
TEL/0570-200-557

関連記事