特典追加のため発売日を変更

UHD BD『劇場版 あしたのジョー2』、4:3の原版映像を特典に5月25日発売

編集部:押野 由宇
2018年02月23日
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンは、UHD BD『劇場版 あしたのジョー2<4K ULTRA HD>』(FXHB-90049)を5月25日に発売する。価格は7,800円(税抜)。

『劇場版 あしたのジョー2<4K ULTRA HD>』

本作は4月27日の発売と告知されていたが、今回新たに特典映像を収録することを理由に、発売日が変更となった。追加されるのは、4:3スタンダード・サイズ HDノートリミング映像(フルHD1080p・SDR収録)。これは映像ソフト初収録となる。

『劇場版 あしたのジョー2』は、TVシリーズと同時進行で制作されたため、元々の映像は「4:3 スタンダード・サイズ」で35mm原版に収録。この素材を元に上映されたのが「16:9 ビスタ・サイズ 劇場公開版本編」であり、本編は1981年当時の劇場公開版を踏襲した「16:9 ビスタ・サイズ 劇場公開版本編」を4K/HDRで収録している。

本編映像は35mm原版を4Kスキャニングし、徹底的なレストア(修復)を施した。その映像について「ジョーの背中を照らす夕陽、煌めく波光、差し込む太陽のハレーションなど出賦ト督の真骨頂、光を使った抒情的な演出がさらに際立つ。リングに降り注ぐライトの光も強烈! セル画に描きこまれていた情報をあますことなく再現。さらにHDRマスターによって、誰も見たことのない高精細&色鮮やかな驚異の映像が遂に実現!」とアピールされている。

音声はリニアPCM 2.0ch(ステレオ96kHz/24bit)で収録。ほか、24ページの特製ブックレットが付属する。

〜〜あらすじ〜〜


宿命のライバル、力石徹の死から一年――。矢吹丈が丹下ジムに帰ってきた。再びリングに上ることを決意したジョーは、はじめこそ自らのパンチで力石を死なせたトラウマから、テンプルへ打つことができなくなっていたが、南米から来たカーロス・リベラが闘争心を完全復活させてくれる。そして金竜飛戦、ハリマオ戦を経て、ついに世界チャンピオン、ホセ・メンドーサとのタイトルマッチの日、運命のゴングが鳴り響く!

〜〜


(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社・TMS (C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

関連リンク

関連記事