HDR非対応の50型「PIX-50MX100」も

ピクセラ、4K/HDR対応の43型液晶ディスプレイ「PIX-43MX100」

編集部:川田菜月
2018年03月14日
ピクセラは、“PIXELA”ブランドの第2弾製品として、4K液晶ディスプレイ“MXシリーズ”「PIX-43MX100」「PIX-50MX100」を3月23日から発売する。PIX-43MX100はHDR対応で価格は78,480円(税抜)、PIX-50MX100はHDR非応で55,370円(税抜)。

「PIX-43MX100」

「PIX-50MX100」

PIX-43MX100は4K(3,840×2,160)/HDR対応の液晶ディスプレイで、上下左右178°の広視野角なIPSパネルとエッジライト型LEDを採用し、リアルな質感と鮮やかな色彩を実現するとしている。画面を最大4分割できるPBP/PIPに対応。また、デイジーチェーン接続に対応したDisplayPortやHDMIなど豊富な接続端子も搭載する。

上下左右178°の広視野角なIPSパネルを採用

端子数はHDMI2.0×2、Display Port入力/出力×各1、mini Display Port入力×1、USB×5、3.5mmステレオミニ×1。消費電力は最大125W(待機時0.5W)。出力7W+7Wのスピーカーを搭載する。外形寸法は約966W×617H×255Dmm(スタンド含む)、質量は約12.7kg(スタンド含む)。

PIX-43MX100の背面部

PIX-50MX100は、4K対応で上下左右の視野角178°のVAパネルを採用し、深みのある黒色を再現するとのこと。デザイン面では10mmの極細フレームと高級感のあるメタルスタンドを採用する。

端子数はHDMI2.0×1、Display Port入力×1、DVI入力×1、3.5mmステレオミニ×1。消費電力は最大120W(待機時0.5W)。出力10W+10Wのスピーカーを搭載する。外形寸法は約1122W×647H×198Dmm(スタンド含む)、質量は約10.3kg(スタンド含む)。

関連リンク

関連記事