フレーム間補完技術も搭載

ノジマ、プライベートブランドの格安4Kテレビ第2弾はHDR 10対応。新生活特価で53,800円から

編集部:成藤正宣
2018年03月16日
ノジマは、プライベートブランド「ELSONIC(エルソニック)」より、55/49型の4K液晶テレビ「ECC-TU55R3」「ECC-TU49R3」を3月末から順次発売する。価格は「ECC-TU55R3」が79,800円(税抜)、「ECC-TU49R3」が59,800円(税抜)。なお予約開始から1か月間は新生活特価として、「ECC-TU55R3」は69,800円(税抜)、「ECC-TU49R3」が53,800円(税抜)にて販売を行う。

「ECC-TU55R3」「ECC-TU49R3」

昨年11月に販売し「想定を上回る予約をいただき完売」した4K液晶テレビ「ECS-TU55R」「ECS-TU49R」に続く第2弾(関連ニュース)。日本製映像エンジン、色ムラの少ない直下型LED、2系統の地デジ/BS/CSチューナーといった特徴はそのままに、新たにHDR10に対応、フレーム間/ぶれ補正技術を搭載した。

HDR 10に対応したことで、太陽の眩しさやライトアップされた夜景などの明暗をより美しく、リアルに表示可能。フレーム間/ぶれ補正は計算して作り出したフレームを映像に挿入することで、より滑らかな動きを表示することができる。

コントラスト比は「ECC-TU55R3」が5000:1、「ECC-TU49R3」が4000:1。輝度は「ECC-TU55R3」が300cd/m、「ECC-TU49R3」が280cd/m。外部機器からの入力を遅延を軽減する「ゲームモード」も備える。

デザインも若干変更され、「ECC-TU55R3」は従来機種から厚みを13mm削減。「ECC-TU55R3」はフレーム下部をステンレス風としている。

HDMI入力は3系統で、うち1つが4K/ARC対応。RCA入力が1系統。録画用外付けHDD向けのUSB端子が1系統。音声出力端子として、光デジタルと3.5mmステレオミニジャックを備える。

関連記事