2,499ドル

JVC、初のホームシアター向けDLPプロジェクター。4K/HDR対応「LX-UH1」欧米で発表

編集部:風間雄介
2018年04月05日
JVCは、4K/HDR対応のホームシアター向けDLPプロジェクター「LX-UH1」を欧米で発表した。米国での販売価格は2,499ドル。

JVCの4K/HDR対応プロジェクター「LX-UH1」

同社はこれまで、ホームシアター向けプロジェクターに反射型液晶「D-ILA」を採用してきたが、本機は同社として初めてDLPを採用した。デバイスは0.47インチのDMDで、4K/HDR表示が可能。HDRはHDR10とHLGに対応している。

なお本機の画作りには、JVCがこれまで培ったノウハウが盛り込まれているという。

HDMI端子は18Gbps対応で、HDCP2.2に対応。レンズは1.6倍ズームに対応し、短焦点のため、投写距離3m程度で100インチ映像が投映できるという。

また、光学式レンズシフトも対応。垂直は±60%、水平は±23%のシフトが行える。

日本ではまだ発表されていないが、国内展開を期待したい。

関連記事