関西は4月から、名古屋は7月から

ビデオリサーチ、録画視聴率の調査地域を関西と名古屋にも拡大

編集部:小野佳希
2018年02月27日
ビデオリサーチは、同社が行っているテレビ視聴率調査について、録画しての視聴“タイムシフト視聴”の調査対象地域を関西と名古屋地域にも拡大する。

関西地区は4月から、名古屋地区は7月から、それぞれタイムシフト視聴率の調査およびデータ提供を開始。各地区それぞれ600世帯のテレビ視聴率調査において、タイムシフト視聴の測定を実施する。

同社は2016年10月3日から関東地区でタイムシフト視聴率調査を開始していた。その対象地域が今回追加される形。同社では「今後も当社では、テレビメディアデータのあり方や提供内容について、引き続き検討・具現化を進めていく」としている。

関連記事