3階の体感イベントにも注目

<ポタフェス>オーディオテクニカ、ワイヤレスヘッドホンとハイエンドヘッドホンを両アピール

編集部:風間雄介
2017年12月16日
本日16日とあす17日の2日間、東京・秋葉原で開催されている、ヘッドホン/イヤホン/ポータブルオーディオ・イベント「ポタフェス2017 WINTER」。オーディオテクニカは、ポタフェス会場の1階入り口付近にブースを構え、待ちを行き交う人からも注目を集めていた。

オーディオテクニカブースは1階の入り口そば

今回、同社が力を入れているのがワイヤレスイヤホン・ヘッドホン。レビューも掲載した “SOLIDBASS” のヘッドホン「ATH-WS990BT」「ATH-WS660BT」といった本格的なモデルはもちろん、カジュアルなワイヤレスイヤホン「ATH-CK200BT」やスポーツ向けのイヤホン「ATH-SPORT50BT」など、多種多彩なモデルを実際に聴くことができる構成になっていた。

この秋冬登場のワイヤレスヘッドホン・イヤホンを体験できる

ATH-CK200BT


ATH-S200BTのホワイトモデル

ホワイトやレッドなどカラフルなモデルが多いことも特徴だ

また地下1階には、オーディオテクニカのリケーブルコーナーも展示。A2DC端子対応のBluetoothリケーブルや、同じくA2DC対応のリケーブル各種を展示。同社のLSシリーズなど対応イヤホンを持ち込めば、リケーブルによる音の違いを楽しむこともできる。

地下1階にはリケーブルをズラリと並べたコーナーも

さらに、3階にある、弊社プロデュースの「プレミアムヘッドホン&ホームシアター体感イベント」には、同社のフラグシップヘッドホン「ATH-ADX5000」を、静かな環境でじっくり体験できる。

フラグシップヘッドホン「ATH-ADX5000」を静かな環境で聴ける

弊社スタッフもお出迎え

このように今回のポタフェスでは、会場の様々な場所でオーディオテクニカ製品を体感可能となっている。

関連記事