SNSアップロードや編集も可能なアプリを無料提供

フロンティアファクトリー、コンパクトな球形360度VRアクションカメラ「360fly」。4KとHDの2機種

編集部:小野佳希

前のページ 1 2 3 次のページ

2016年11月10日
フロンティアファクトリーは、米360fly,Incによる360度VR対応アクションカメラ「360fly」シリーズを12月9日より発売する。解像度2,880×2,880の「360fly 4K」と、1,504×1,504の「360fly HD」の2機種をラインナップし、価格は「360fly 4K」が59,400円、「360fly HD」が37,800 円(ともに税込)。なお12月1日から予約受付を開始する。

360fly HD(左)、360fly 4K(右)

■直径約6cmのコンパクトな球形360度アクションカメラ

広視野角(H360度×V240度)の超ワイドアングルレンズをひとつと、バッテリー、メモリー、各種センサーなどの機能を球体形ボディーに搭載したオールインワンの360度VRアクションカメラ。「ひとつのレンズだからこそ、継ぎ目もソフト処理による不自然な補正や合成も存在しない、ありのままの臨場感ある360度映像を撮影できる」としている。音声収録には無指向性マイクをデュアルで搭載している。

カメラが1基であることから、2眼の他社製品のように映像の継ぎ目ができないことなどがメリットだと説明

なお、開発には米国屈指の名門工科大学であるカーネギーメロン大学のロボット研究所が携わっており、映像撮影の革新と映像表現の可能性を拡大するため、ロボット開発用に蓄積されたテクノロジーを転用し、開発された。

本体はゴルフボールをひと回り大きくしたような直径約6cmのコンパクトなボディーで、防水(360fly 4k:10m/360fly HD:1m)、IP6Xの防塵性能、高さ1.5mからの耐衝撃、-20℃までの耐低温というタフネス性能を装備。

加速度センサー、Eコンパス、GPS/高度計、ジャイロスコープといった各種センサーを内蔵し、様々な情報を映像とともに記録しておける。また、プロジェクターの天吊設置のように本体を逆さまにして撮影しても天地を正しい方向で記録できる。なお手ブレ補正機能は搭載していない。

底部に1/4-20UNC規格(メス)対応のアクセサリー取り付け穴を搭載し、一般的なカメラ/ビデオ用の三脚や撮影用アクセサリーにマウント可能。

一般的なカメラ用三脚などを使用可能

また、ミニ三脚としてもグリップとしても使える「トライポッドグリップ」(4,980円)など様々なアクセサリーも用意するほか、「360fly 4K」にはGoProなどの他社製アクションカメラ用アクセサリーにマウントできるアクションカメラアダプターも同梱する。

トライポッドグリップ

■SNSへの簡単アップロードやVR変換も

本体のボタン類は電源のオン/オフ、録画の開始/終了を行うワンボタンのみで、各種操作用の無料アプリ「360fly」をiOS、Androidの両方で用意。スマートフォンをライブビューファインダーにした撮影や、リモート操作、撮影した映像への効果や音声トラックの追加といった編集もアプリで行える。

アプリを利用しスマホの画面でライブビュー撮影が可能

高画質でタイムラプスや静止画撮影にも対応する上位機「360fly 4K」

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事