ワイドFM対応モデルも

パナソニック、自動周波数制御による「らくらくチューニング」に対応したラジオ 6機種

編集部:小澤貴信
2016年10月18日
パナソニックは、AFC(自動周波数制御)による「らくらくチューニング」機構を採用したラジオ 6機種を11月25日より順次発売する。

〜リビングラジオ〜
<FM/AM 2バンドレシーバー>
RF-2450」 ¥OPEN(予想実売価格5,700円前後)
<AM 1バンドレシーバー>
R-2255」 ¥OPEN(予想実売価格4,800円前後)

RF-2450(右)とR-2255(左)

〜ポケットラジオ〜
<FM/AM 2バンドレシーバー>
RF-P155」 ¥OPEN(予想実売価格2,200円前後)
RF-P55」 ¥OPEN(予想実売価格2,200円前後)

<AM 1バンドレシーバー>
R-P145」 ¥OPEN(予想実売価格1,600円前後)
R-P55」 ¥OPEN(予想実売価格1,600円前後)

左からRF-P155、RF-P55、R-P145、R-P55

単三乾電池2本で駆動する“ポケットラジオ”と、AC電源または単三乾電池4本で駆動する“リビングラジオ”をラインナップする。

AFC(自動周波数制御)による「らくらくチューニング」機構の採用により、AMラジオの受信幅が広がり、チューニングの操作が簡単になったとのこと。チューニングを厳密に行わなくても、自動で最寄りの放送局に合わせてくれる。また、選局中のノイズ低減も行われる。

暗い場所でも見えやすい蛍光色ポインターを採用。停電時などの暗いシチュエーションにも、蓄光により、ダイヤルパネルが光りポインター位置が見えやすくなっている。

「RF-2450」「R-2255」については、10cmスピーカーユニットを搭載。より大音量の再生が可能となっている。

またRF‐P155、RF‐P55、RF‐2450の3機種については、AMラジオ番組がFM放送で聴けるワイドFMにも対応している。

いずれのモデルも3.5mmステレオミニ端子のイヤホン出力を搭載する。

関連記事