前モデルをブラッシュアップ

FX-AUDIO-、96/24対応のUSB入力を搭載したフルデジタルプリメイン「D302J+」

編集部:小野佳希
2016年09月20日
ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-のフルデジタル・プリメインアンプ「D302J+」を9月22日から発売する。価格は7,980円(税込)。

D302J+

前モデル「D302J」(関連ニュース)をベースに、回路・部品・外観デザイン・インターフェイス・内部プログラムなど全てを一新。アナログ入力端子とヘッドホンアンプを新たに搭載したほか、インターフェースも刷新して「直感的な操作が可能になった」としている。

ブラックとシルバーの2色で展開

アンプICにSTマイクロ製「STA369BW」を搭載。入力からアンプICまでをフルデジタル化することで音の劣化を最小限にしている。

背面端子部

光デジタル/同軸デジタル/USB の3系統デジタル信号入力に加え、アナログ入力にも対応。USB-DDCとして「VT1630」を搭載し、USB入力もハイレゾ対応となった。USB入力は最大96kHz/24bit、光・同軸デジタル入力が最大192kHz/24bitに対応する。

また、アナログ入力は高SN比の「PCM1808」IC(最大96kHz/24bit)にてデジタル変換(48kHz/16bit)を行い、旭化成「AKM4113」経由でデジタルアンプICへ出力する。

電子ボリューム・電子トーンコントロール機能を搭載。これによりアナログ回路で発生するギャングエラー(左右のボリューム誤差)や信号の劣化損失を回避している。また、BASS・TREBLE共に±12dB(14ステップ)のトーンコントロール機能を搭載している。

関連記事