西部警察のロケ地巡り4K撮影など

「ケーブル4K」正式開始 − 石原軍団が4K映画製作。記念イベントに徳重聡&ゆうたろう登場

編集部:小野佳希
2015年12月01日
一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)による、CATV業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」(関連ニュース)が本日12月1日より正式に開局。開局記念イベントでは、同チャンネルで放送される「西部警察 全国キャラバン!! ロケ聖地巡礼」に出演する徳重聡さんと、石原裕次郎さんのそっくりさんとして知られるゆうたろうさんによるトークショーも開催された。

ゆうたろうさんと徳重聡さんが記念イベントに登場

ケーブル4Kは、上記のように各地域のCATV事業者共通の4K専門チャンネル。110社を超えるCATV事業者が同チャンネル採用の意向を示している。放送時間は毎日6時〜24時(18時間)。

記念イベント会場で実際にケーブル4Kのデモを展開

チャンネルは各地のCATV事業者が制作したコンテンツを中心に編成。「地域の文化、地域の魅力を全国に発信する」としており、「CATV業界初の『全国統一編成による4K放送』のコミュニティチャンネル」と位置づけている。

番組としては、全国のCATV局と同連盟が共同制作するドキュメンタリー「けーぶるにっぽん 技・JAPAN」や、石原プロモーションと「チャンネル銀河」「ファミリー劇場」、全国のCATV局のコラボレーションによる4K紀行番組「西部警察 全国キャラバン!! ロケ聖地巡礼」などを用意。12月の編成は公式サイトで確認できる。

なお、「西部警察 全国キャラバン!! ロケ聖地巡礼」は、石原プロなど上記各社による『4K未来映像プロジェクト』の一環として製作されたもの。同プロジェクトでは、4K映像による新作映画とテレビ番組の製作、次世代の映像コンテンツで活躍が期待される新人発掘を書くとして、映画「黒部の太陽」の4K化、石原プロ作品の「チャンネル銀河」「ファミリー劇場」および全国の提携CATV局コミュニティチャンネルでの配信やオンデマンド配信、上映会などを立体的に組み合わせて展開していくとのことで、石原プロによって4Kアクション映画の製作も予定している。

石原プロが4Kアクション映画を製作する予定

開局を記念して、二子玉川ライズ内で「西部警察 全国キャラバン!! ロケ聖地巡礼」の特別イベントを実施。ドラマに登場した車両「サファリ4WD」の展示などを行った。

“団長”こと大門(渡哲也)の匿名で開発された「サファリ4WD」

作品に関するパネル展示も

同イベントでは、上記のようにゲストとして石原軍団の徳重聡さんと、ゆうたろうさんによるトークショーも実施。西部警察では寿司店や遊園地といった、ロケ地となった場所で実際に働いている人々がそのままドラマに出演することがあったが、「ロケ聖地巡礼」ではそうした人々の元を改めて再訪。「話を伺うと、当時の様子を事細かに覚えていて、目もキラキラしていて非常に印象的だった」(徳重さん)など、撮影でのエピソードや西部警察の思い出を語り合うとともに、「今後は4Kのアクション映画などにもご期待いただきたい」(徳重さん)と4Kについてもアピールした。

ゆうたろうさんは西部警察に対する熱い思いを披露。一般来場者に向けて「この後は炊き出しもあるからね」と石原軍団ジョークで笑いを誘う一幕も

徳重さんは撮影で出会った人々の思い出などを紹介。「21世紀の石原裕次郎」オーディションで得た賞金1億円の使いみちをゆうたろうさんから突っ込まれる一幕もあった

関連記事