地域の文化を4Kで全国に発信

ケーブルテレビ各社が参加、4K専門チャンネル「ケーブル4K」12月1日開局

編集部:風間雄介
2015年09月24日
一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)は、ケーブルテレビ(CATV)業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」を12月1日(火)11時に開局する。

110社を超えるCATV事業者が同チャンネル採用の意向を示している。開局時には、接続世帯数のカバー率54%に相当する全国39事業者が放送を行い、その後順次拡大していく。なお、チャンネルの運営は日本デジタル配信(株)が行う。放送時間は毎日6時〜24時(18時間)。

各地のCATV事業者が制作したコンテンツを中心に編成。「地域の文化、地域の魅力を全国に発信する」としており、「CATV業界初の『全国統一編成による4K放送』のコミュニティチャンネル」と位置づけている。

全国のケーブル事業者が制作した地域にひもづく番組だけでなく、日本ケーブルテレビ連盟が地域のCATV事業者と共同で制作している「けーぶるにっぽん」シリーズも配信。もちろんエンタメコンテンツも用意し、チャンネル銀河、ファミリー劇場、ヒストリーチャンネルなどのチャンネルを運営する番組供給事業者が制作を行うという。

12月の主な番組としては、「けーぶるにっぽん 技・JAPAN」の番組として「ふるさとの原風景 高橋まゆみ人形の世界」「仙台箪笥〜伝統の三技一体〜」を放送予定。またドラマ「西部警察」のロケ地を聖地巡礼し、4K撮影で見せる「西部警察全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼」も放送する予定だ。


関連記事