高域用に新開発振動板を採用しハイレゾ対応に

ラディウス、イヤホン“W(ドブルベ)”にハイレゾ対応の「ヌメロキャトル」「ヌメロトロワ」

編集部:杉浦 みな子
2015年10月23日
ラディウス(株)は、イヤホン“W(ドブルベ)”シリーズの新機種として、ハイレゾ対応仕様の「ドブルベ ヌメロキャトル(HP-TWF41)」と「ドブルベ ヌメロトロワ(HP-TWF31)」の2機種を11月下旬に発売する。

ドブルベ ヌメロキャトル(HP-TWF41)と、ドブルベ ヌメロトロワ(HP-TWF31)

いずれも、同社独自の「DDM方式ドライバー」を搭載するイヤホン。DDM方式は中低音域と高音域2つの音を独立した振動板に振り分けて同軸上に配列させる仕組みで、ドライバー1つ分のスペースでデュアルドライバーを超える音響効果を得られるように開発された。2機種とも、低域用に13mmのダイナミック振動板、高域用に新開発の12mmセラミックピエゾ振動板を採用することで、40kHzを超える周波数帯をカバーする“ハイレゾ仕様”を確保している。製品ごとの特徴は以下の通り。

■「ドブルベ ヌメロキャトル(HP-TWF41)」¥OPEN(予想実売価格42,000円前後)

ドブルベ ヌメロキャトル(HP-TWF41)

上述の通り、13mmのダイナミック振動板と12mmのピエゾ振動板を搭載するDDMドライバー方式のイヤホン。特に本機は、中低周波帯域を再生するウーファーのダイナミック振動板にベリリウムコーティングを施していることが特徴となる。

再生周波数帯域は10Hz〜45kHzまでの広帯域をカバーしており、ベリリウムコーティング振動板とピエゾ振動板を組み合わせることで、ワイドレンジな音の厚みとハイレゾ音源の再現性を向上させたとしている。出力音圧レベルは108±3dB/mWで、最大入力は20mW、インピーダンスは32Ω。

イヤーピースは、従来よりさらにフィット性を高めた「ディープマウントイヤーピース」を採用。さらにイヤーピースの装着位置を2段階で調節できる「アジャスタブルサポート」も搭載しており、自分の耳にしっかりフィットさせることで、装着性と遮音性を高めている。

付属ケーブルは長さ約120cmで、リケーブルに対応。コネクターにはMMCX端子を採用している。プラグ部は金メッキ製の3.5mmステレオミニ端子。

■「ドブルベ ヌメロトロワ(HP-TWF31)」¥OPEN(予想実売価格32,000円前後)

ドブルベ ヌメロトロワ(HP-TWF31)

本機も、13mmのダイナミック振動板と12mmのピエゾ振動板を搭載するDDMドライバー方式のイヤホン。上述のドブルベ ヌメロキャトルとは異なり、中低域用のダイナミック振動板はPET振動板を採用している。本機は10Hz〜40kHzの周波数帯域をカバーする。出力音圧レベルは108±3dB/mW、最大入力は20mW、インピーダンスは32Ω。

そのほか、ドブルベ ヌメロキャトルと同じく「ディープマウントイヤーピース」や「アジャスタブルサポート」も搭載。付属ケーブルは長さ約120cmでリケーブルに対応し、コネクターにはMMCX端子を採用している。プラグ部は金メッキ製の3.5mmステレオミニ端子。

【問い合わせ先】
ラディウステクニカルサポート
TEL/0120-09-5587
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドRADIUS
  • 型番HP-TWF41
  • 発売日2015年11月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格42,000円前後)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドRADIUS
  • 型番HP-TWF31
  • 発売日2015年11月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格32,000円前後)

関連記事