金管楽器がモチーフ

ソフトバンク、8,800円のハイレゾ対応イヤホン「SE-5000HR」

編集部:小野佳希
2015年10月08日
ソフトバンクは、SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)ブランドより、ハイレゾ対応マイク付きイヤホン「SE-5000HR」を11月20日に発売する。カッパー/ゴールド/ブラックの3色を用意し、価格はオープンだが直販サイトでは8,800円(税込)で販売する。

SE-5000HR

実機

8mmドライバーを搭載し、再生周波数帯域は5Hz〜45kHz。「クリアな中高音域と深みある低音域の再生、ハイレゾ音源の豊かな音の広がりを実現させるために、構造設計とチューニングにこだわり抜き、ドライバーユニットを含むハウジング部を独立させたオリジナルフォルムを作り上げた」という。

パッケージにはハイレゾロゴも

同社では、ドライバーユニットを含むハウジング部を独立させたオリジナルフォルムでノイズを防ぎ、クリアな音を再生すると説明。金管楽器をモチーフにしたデザインを採用しているほか、マイク付きリモコンによって通話、音楽の操作が行える。

ケーブル長は約1.2m(Y型)で、プラグ部はL型の3.5mmステレオ4極ミニプラグ。XS/S/M/Lの4サイズのイヤーピースやキャリングポーチが付属する。

関連記事