HDRも対応予定。通常の4Kテレビ60型も

シャープ、8K解像度を実現 “AQUOS 4K NEXT” に70型モデル

編集部:風間雄介
2015年10月05日
シャープ(株)は、4Kパネルながら、RGBYの4原色パネルを用いることで8K相当の解像度相当の表示を可能にした“AQUOS 4K NEXT” 70型モデル「LC-70XG35」を11月15日に発売する。価格はオープンだが85万円前後での販売が予想される。

“AQUOS 4K NEXT” 70型モデル「LC-70XG35」

同社では従来から、8K相当の解像度を実現した“AQUOS 4K NEXT” 80型モデル「80XU30」を発売していたが、168万円前後と高価だった。今回、70型モデルを投入して、価格を下げながら8K相当の解像度を実現した。

RGBYの4原色で1画素を構成する独自のパネルを搭載。これを分割駆動することで輝度ピークを4点作り、これにより解像度を4倍相当に高めることができる。

4原色パネルを分割駆動することで解像度を4倍に引き上げる

映像処理と液晶駆動エンジンは「X8-Master Engine PRO」という名称。映像によってコントラストや色を自動補正する「4Kアクティブコンディショナー」を内蔵したほか、前述のバックライト高精度スキャニング方式を取り入れた「超解像 分割駆動回路」も搭載している。

さらに、Ultra HD Blu-rayのHDRにも、2015年度内にソフトウェアアップデートで対応する予定。UV2A技術を採用していて高コントラストを実現しているのと同時に、LEDバックライトのローカルディミング技術「メガコントラスト」技術を搭載。輝き部分を映像信号から解析して最適な輝度で表示する。また輝き復元の映像補正処理も行う。

色域については、「高演色リッチカラーテクノロジー」を搭載。4原色パネルで色域を広げているだけでなく、LEDバックライトに独自の蛍光体を採用。2015年2月に発売した「LC-40H20」比で1.4倍の色再現範囲を実現したという。パネル表面処理は低反射のN-Blackパネル。さらに本機は「THX 4Kディスプレイ規格」の認証も取得している。

音声については「AROUND SPEAKER SYSTEM」を採用。画面両脇に、独立型スピーカーボックスに内蔵したドーム型トゥイーターを搭載しているほか、背面には大容量かつ低振動のウーファーを搭載。さらにミッドレンジスピーカーは上下に対抗配置し、文字通り画面全体を包み込むようなスピーカー配置となっている。スピーカー構成は「2.1ch 3ウェイ10スピーカー」となり、出力は65W。

HEVCデコーダーも備え、ひかりTVの4K VODも視聴可能。またNetflixの視聴にも対応している。HDMI端子は4系統4端子で、HDCP 2.2やITU-R BT.2020にも対応している。USBは3端子を設け、USB-HDDに2番組同時録画を行うこともできる。

4Kテレビの新モデル「LC-60XD35」も発売

LC-70XG35と同日の11月15日に、8K相当への解像度向上を行わない、通常の4Kテレビ「LC-60XD35」を発売する。価格はオープンだが55万円前後での販売が予想される。

4Kテレビ「LC-60XD35」

パネルにUV2A技術を用い、メガコントラスト技術を採用してHDRへ将来的にアップデートすることはLC-70XG35と同様。また映像エンジンも同じ「X8-Master Engine PRO」だが、本機は「超解像 分割駆動回路」を持たない。

また、高演色リッチカラーテクノロジーは搭載されておらず、THX 4Kディスプレイ規格の認証取得も行っていない。

音声は70型のAQUOS 4K NEXと同様。2.1ch 3ウェイ10スピーカー構成の「AROUND SPEAKER SYSTEM」を搭載している。

そのほか、HEVCデコーダーの搭載、ひかりTVの4K VODやNETFLIXへの対応、4系統4端子のHDMI端子搭載なども「LC-70XG35」を踏襲している。

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-70XG35
  • 発売日2015年11月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格850,000円前後)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-60XD35
  • 発売日2015年11月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格550,000円前後)

関連記事