高画質と高音質をビジュアルで表現しPR

“AQUOS 4K”新プロモーションが11月21日より開始。きゃりーぱみゅぱみゅ出演CM第二弾

編集部:近藤 貴彦
2015年11月06日
シャープは、“AQUOS 4K NEXT”「80XU30」を始めとする同社製4K対応液晶テレビ“AQUOS 4K”ラインナップの新プロモーションに、人気アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅさんを前回に引き続き起用。新CMを始めとするプロモーションを11月21日から開始する。

プロモーションキービジュアル

新プロモーションは、「美は、細部に宿る。」のキーメッセージのもと、8K解像度の高画質とともに新開発「AROUND SPEAKER SYSTEM」による高音質をビジュアルで表現し、TVCM、Web、デジタルサイネージ広告から店頭まで、連動して展開していくとのこと。

11月21日から全国放映となる新CMでは、きゃりーぱみゅぱみゅさんがオーケストラ全員を演じ、“AQUOS 4K”の先進性を表現している。なお、前回のプロモーションで6月より放映されていた第一弾CMのキービジュアルは舞踏会をイメージしていた(関連ニュース)。第二弾の新CM放映に先駆け、11月12日より、CM告知動画がWebにて公開される。

デジタルサイネージ広告について、東京駅、大阪駅、広島駅、博多駅、敦賀駅のほか、大阪の地下街ホワイティうめだや、成田国際空港、中部国際空港、新千歳空港、仙台空港で実施される。デジタルサイネージ広告の実施期間は、11月23日から2016年3月31日まで。

関連記事