JH Audio全ユニバーサルがAKコラボモデルに

Astell&Kern、JH Audio製ユニバーサルイヤホン製品化で独占協業 − Layla/Angieは'15年1月受注予定

ファイル・ウェブ編集部
2014年12月21日
(株)アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernブランドと米国のカスタムIEMブランドJH Audioが、JH Audioのユニバーサル仕様イヤホンの製品化に関する独占パートナーシップ契約を交わしたことを発表した。12月20日・21日に開催されたイベント「ポータブルオーディオフェスティバル2014(ポタフェス)」の中で、日本向けに正式告知を行った。

12月20日・21日開催のイベント「ポタフェス」の中で国内向けに正式発表

既報の通り、今回のポタフェス内でAstell&Kernは、JH Audioとのコラボによる新イヤホン「Layla」と「Angie」の参考出展を行っていた。今回の独占パートナーシップ契約により、Layla/Angie以降のJH Audioが製作するユニバーサル仕様のイヤホン製品は全てAstell&Kernとの協業モデルとなり、全世界でAstell&Kernのチャネルで販売される。日本では、Astell&Kernブランドの正規代理店であるアユートが取扱う。

Laylaのパッケージには、JH AudioとAstell&Kernのブランドロゴが同時に表記されている

これにより日本市場におけるJH Audio製品の取扱いは、カスタムIEM製品はこれまで通りミックスウェーブ(株)、今回のポタフェスで公開されたLayla/Angie以降のユニバーサルイヤホン製品は全てアユートが販売を行う形となる。

Layla

Angie

さらにこのLayla/Angieについて、日本では2015年1月に受注開始する予定である旨が明かされた。価格は現時点で未定とのことだが、米国ではLaylaが2,499ドル、Angieが1,099ドルで販売を予定している(※2014/12/22追記:記事初出時、Angieの米国販売価格を999ドルと表記していましたが、その後に価格変更の通知がございましたので更新しました)

今回ポタフェス内で行われた発表会では、Astell&Kernのジェームズ・リー氏、JH Audioのアンディ・リーガン氏および同ブランド創業者のジェリー・ハービー氏が登場し、コメントを寄せた。

発表会時の様子

Astell&Kernのリー氏は、「Layla/Angieについては、Astell&Kernと共に音の調整を細かく行いながら、最高のものを作ろうというコンセプトでコラボしました」とコメント。JH Audioのリーガン氏は「日本にはアーリーアダプターが多く、日本ユーザーの感度の高さは素晴らしいと思っている。Layla/Angieは、もともと日本を初公開の場と決めていたわけではなかったが、ちょうどポタフェスというイベントの場があったことと、やはり感度の高い日本ユーザーの皆さまに向けては早く公開したいと思い初展示した」と述べた。

Astell&Kernのジェームズ・リー氏

JH Audioのアンディ・リーガン氏


JH Audioのジェリー・ハービー氏
JH Audioの創業者であり製品開発を担当するハービー氏は「1年前にRoxanneをベースにしたコラボモデルAKR03を開発したときから、Astell&Kernの革新性には注目していた。今回もAstell&Kernという革新的なブランドとコラボレーションできたことが嬉しい。そして私も、日本の皆さまの感度の高さには感銘を受けている」と、日本ユーザーに向けてメッセージを送った。


関連記事