ベイヤーヘッドホンを独自チューニングした「AKT5p」も

<ポタフェス>Astell&KernとJH Audioコラボイヤホン「Layla」「Angie」世界初公開

ファイル・ウェブ編集部
2014年12月20日
ポータブルオーディオ製品イベント「ポータブルオーディオフェスティバル2014(通称:ポタフェス)」が、12月20日・21日の2日にわたって東京・秋葉原で開催中だ。本記事では、2機種の世界初公開イヤホンが登場したAstell&Kernのブース出展内容をご紹介する。

Astell&Kernブースの様子

本ブースでは、“イヤモニの神様”と呼ばれるジェリー・ハービー氏が創設したブランドJH Audio社とのコラボレーションを前面に打ち出し、両ブランドのコラボによる新イヤホン「Layla(レイラ)」と「Angie(アンジー)」の参考出展を行っている。

Layla

Angie

同モデルは、以前にAstell&KernがJH Audioの12ドライバー搭載イヤホン「Roxanne」をベースに製作し、数量限定販売した「AKR03」の後継機種にあたる。今回のポタフェスが世界初展示で、会場内で試聴も可能。なお、ジェリー・ハービー氏本人も来場しており、説明員として同ブースに立っている。

JH Audioのジェリー・ハービー氏

普通にブースで来客対応している

2機種とも国内発売時期や価格等は未定とのこと(※2014/12/21追記 国内発売時期は2015年1月を予定していることが追加発表されました→詳細はこちら。Laylaは12ドライバーで、低/中/高域に4基ずつのドライバーを搭載する構成などは、Roxanneの流れを受け継いでいる。本体は、カーボンファイバーを採用した筐体にチタニウムベゼルを組み合わせたデザインを採用している。一方でAngieは、低域×2/中域×2/高域×4の8ドライバー構成を採用するモデル。2機種とも、レコーディングエンジニアやアーティストなどモニター向けを想定してラインナップするという。

Laylaのパッケージ

こちらはAngieのキャリングケース

2機種とも、ケーブル部にはRoxanneと同じく低域の調整が行える機構「Adjustable Bass」を備えている。また、ケーブルは3.5mmステレオミニ端子のものと、Astell&KernのAKシリーズとバランス接続できる2.5mmバランス端子仕様のものを両方同梱する。

3.5mm仕様のケーブルと2.5mm4極バランス仕様のケーブルを2種類同梱する

また、本ブースにおけるもうひとつの目玉として、beyerdynamicの密閉型ヘッドホン「T5p」をベースに、Astell&Kernで独自チューニングを施した「AKT5p」も参考出展している。こちらも未発売モデルとなるが、今回の会場では豊富なデモ機を用意して、AKシリーズと組み合わせた試聴が行えるようにしている。

AKT5pも参考出展

このように、座って試聴できるコーナーを設けている


AKT5pのイヤーパッド
なお、Astell&KernのハイレゾDAP「AK240」「AK120II」「AK100II」は、ファームウェアの最新アップデートにより、このAKT5p専用のイコライザー機能に対応した。AKT5p自体の発売時期や価格は未定のままだが、AKシリーズ向けに専用イコライザー機能だけ先駆けて提供されている形だ。

そのほか、昨日発表された「AK100MKII」の限定新色サファイヤブルーや、「Astell&Kern AK240ブルーノート75周年記念エディション」など、ハイレゾDAPの注目製品も一挙に展示。ブース内では各ジャンルのハイレゾ音源をはじめ、ランティスの創立15周年を記念した厳選ピックアップリスト楽曲も用意し、精力的な試聴デモを展開している。

「AK100MKII」サファイヤブルー

AK240ブルーノート75周年記念エディションをフィーチャーした展示も

関連記事