「Channel 4K」の受信が可能

ソニー、4K放送対応チューナーを今秋発売 − USB-HDDへの4K録画も可能

ファイル・ウェブ編集部
2014年05月21日
ソニーは、次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)による4K試験放送に対応した124/128度CSデジタル放送用チューナーを開発していることを発表。今秋の発売をめどに商品化を予定している。

4K対応チューナーのイメージ

124/128度CSデジタル放送用チューナー(スカパー!プレミアムサービス用)ならびにH.265/HEVCデコーダーを内蔵し、NexTV-Fがスカパー!Ch.502で実施する4K試験放送「Channel 4K」(関連ニュース)の受信が可能。

そしてHDMI バージョン2.0およびHDCP 2.2に準拠し、4K/60p信号伝送に対応。外付けHDD対応で、4K試験放送コンテンツを4K画質のまま録画することができる。また、XAVC Sデコーダーを内蔵し、USB-HDDにソニーの4K ハンディカムで記録した映像の保存・再生が可能。

なお、4K対応テレビや4K対応プロジェクターに本チューナーを接続して使用するには、HDMI 4K/60p信号伝送およびHDCP 2.2への対応が必要。同社製液晶テレビ“BRAVIA”4K対応モデルや4K対応プロジェクターの対応状況は下記の通り。

関連リンク

関連記事