4Kのオフィシャル・フィルムを大会後に配信

ソニーとFIFA、サッカーW杯を4K撮影 − 店頭などで4K/60P上映

ファイル・ウェブ編集部
2014年04月03日
ソニーとFIFA(国際サッカー連盟)は、現地時間の6月12日から7月13日までブラジルで開催される2014年FIFA ワールドカップにおいて、試合の4K撮影やパブリックビューイングなど、4Kに関する取り組みを共同で行う。

両者は、本大会のFIFA 4K映像オフィシャル・フィルムを共同で制作。オフィシャル・フィルムには、決勝戦など本大会の試合が4Kで収録され、本大会以降4Kコンテンツ配信サービスなどでFIFAから配信される予定。

FIFAはソニー製の4K放送業務用機材を使用して、本大会の決勝トーナメント一回戦(現地時間6月28日)・準々決勝(同7月4日)・決勝(同7月13日)を撮影。ソニーは4K映像制作システムの構築など各種技術支援を行う。撮影には、ソニーの CineAlta 4Kカメラ「PMW-F55」、マルチポートAVストレージユニット「PWS-4400」、4K業務用モニター「PVM-X300」や4Kマルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」などが使用される。

また、FIFAでは、いくつかの試合会場や、大会開催期間中にブラジルの複数の都市でパブリックビューイングイベントを開催。同イベントで展開されるソニーの展示ブースにおいて、試合映像の一部を4K/60Pで視聴できるようにする。

加えて、上記以外にも世界各地のソニーのショールームおよび販売店において、4K/60Pの2014年FIFAオフィシャル・フィルムの予告編を上映。同映像を、4K対応液晶テレビ ブラビアで視聴できるようにするという。

関連リンク

関連記事