4K HEVCコンテンツのストリーミングや再生をサポート

Rovi、パナソニックSoCとDivX HEVCのライセンス契約を締結

ファイル・ウェブ編集部
2013年11月12日
Rovi Corporationは本日12,日、パナソニック(株)システムLSI事業部(パナソニックSoC)とライセンス契約を締結し、パナソニックのテレビおよびBD向けの次世代IC製品にRoviのDivX HEVCテクノロジーを搭載することで合意したと発表した。

今回の契約はRoviの「DivX HEVCテクノロジー」で初のライセンス契約となる。本技術のライセンス提供により、4K HEVCコンテンツのストリーミングや再生をサポートする独自のデバイスを開発できるようになる。

パナソニック(株)システムLSI事業部 第二事業ディビジョン ソリューション開発グループ グループマネージャーの北村浩二氏は「HEVCは進歩を遂げる圧縮技術の代表例であり、さまざまな種類のデバイスで一貫して高品質なビデオ体験を提供するうえで必要不可欠なソリューション。DivX HEVCの再生・ストリーミングのサポート機能を当社のIC製品に搭載することは、高画質のビデオアプリケーションおよびサービスを提供する上で有益なことだと考えている」とコメントした。

Roviはすでにコンシューマーやプロ向けにHEVCコンテンツ作成ツールを提供している。なお、Roviは明日11月13日から15日まで開催される「Inter BEE」に出展し、HEVC関連の展示を行うという。

関連記事