キヤノン、業務用4Kディスプレイに参入 ー 第1弾は30型モデル/SEDでのノウハウも活かす

ファイル・ウェブ編集部
2013年11月07日
キヤノンは、4K映像制作ディスプレイ市場に参入。第一弾製品として、業務用30型4Kディスプレイ「DP-V3010」を2014年1月下旬に発売する。価格はオープンだが、315万円前後での販売が予想される。

DP-V3010とディスプレイコントローラー

解像度4,096×2,560/アスペクト比16:10のIPS液晶パネルを採用。バックライトはRGB LED。30型と小型なため、卓上に置いて編集室やスタジオでの画質最終確認といった用途での使用を想定している。映像制作用レンズ・カメラで構成する「CINEMA EOS SYSTEM」とあわせ、入力から出力まで映像制作現場をサポートする構えだ。なお同社が以前開発していたSEDで培った技術も投入されているとのこと。

DCI規格準拠の4K動画(4,096×2,160/24p)をそのまま表示可能。4,096×2,160/60p および 3,840×2,160/60pの表示にも対応する。またDCIが定めるデジタルシネマ向け色域に加え、TU-R BT.709、EBU、SMPTE-CやAdobe RGBの色域表示にも適するという(ただしRGB色度点を完全に包含していない)。

映像エンジンは独自開発のものを採用。きめ細かい調整を行うことで画面内の色や輝度ムラを防ぎ、高精度な均一性を実現するとのことだ。

また、高コントラストも訴求。キヤノンの画像処理技術とIPS液晶パネルにより、コントラスト比2,000:1以上を実現しているという。

映像制作をサポートする機能としては、専用ピクチャーモードを搭載し「CINEMA EOS SYSTEM」のカメラで撮影した Canon Logガンマ映像を、モニタリングに適した階調特性に変換し撮影現場で確認可能となっている。2K映像制作では、斜め線のジャギーが目立たないモードなど3つの拡大モードを用意している。

「DP-V3010」は工場出荷前に画質調整を実施。さらに独自の制御システムを搭載し、色・輝度の変動や経年変化を補正することで、長期間の安定性を実現するという。そのほかPCレスでキャリブレーションにも対応する。

インターフェースとして、3G/HD-SDI入出力を各2系統、DisplayPortを1系統、USB端子1系統、LAN端子1系統を備える。

「DP-V3010」は11月13日から開催される「Inter BEE」にて展示される。

関連リンク

関連記事