HP-A7など人気モデル展示

<CEATEC>フォスター電機、“肉伝導型”マイクや超音波スピーカーなど展示 − ヘッドホンやスピーカーも登場

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月05日

フォスター電機のブース
フォスター電機は、「未来社会に音で貢献する」をテーマに、“肉伝導型”マイクや超音波スピーカーなど現在開発中の製品群を参考出展。またOEMを行っているヘッドホン類などを展示している。

OEMを行っているヘッドホンを展示

OEMイヤホンも。中央のBA型モデルは新製品で、今後各社製品に採用される予定

参考出展されている「超音波スピーカー」は、超音波を利用した狭指向性スピーカー。音声信号で変調した超音波を放射し、空気中で音声を再生させる。指向性がとても狭いため、狭い範囲に限定して音声を伝えたい場合(美術展の絵の前で使ったりなど)にぴったりだと訴求している。変調には同社のDSP技術によるSSB変調方式を採用。クリアな再生音と小型・低コスト化を実現したという。

超音波スピーカー。壁掛けも勿論可能だ

指向性が狭く、限定した範囲に音を届けたい際の使用が想定されている

“肉伝導型”マイクは、喉のあたりにNAMマイクを押し当ててしゃべることで、声を出す際の振動を拾って増幅し、拡声するもの。騒がしい環境下でも声を聴き取りやすくするというものだ。今回の展示はNAMマイクにノイズキャンセリングイヤホンを組み合わせ、騒音対策を強化している。

“肉伝導型”マイク&ノイズキャンセリングイヤホン

NAMマイクで喉の振動を広い、拡声


“肉伝導型”マイクの詳細

また、好みのデザインにカスタマイズできる同社の人気イヤホン/ヘッドホン“KOTORI”も大きくスペースをとってアピールしている。8月から“KOTORI 101”がApple Online Storeでも販売がスタートしており、Brownie、MILKY、PASTELのAOS限定モデルが用意されている。“KOTORI”は今後もますます広く展開していく予定とのことだ。

人気イヤホン/ヘッドホン“KOTORI”をアピール

そのほか、USB-DAC機能付きヘッドホンアンプの人気モデル「HP-A7」やポータブルヘッドホンアンプ「HP-P1」、iPhone4用オーディオインターフェイス「AR-4i」、そしてスピーカー「GX102」「GX100」など、同社の注目&人気モデルが多数展示されている。

「HP-A7」など人気モデルを出展

iPhone4用オーディオインターフェイス「AR-4i」


スピーカー「GX102」「GX100」

アクティブスピーカーの人気モデルなども多数ラインナップしている

関連記事