HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

「日本マーケットは非常に重要」

クリプシュ、新イヤホン4製品を今夏投入 −商品戦略と音づくりを幹部に聞く

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2012年03月29日
米KLIPSCH(クリプシュ)から、アジア太平洋のセールス面を担当するRegional Vice President Asia PacificのDavid “Westy” Westfall氏と、PRESIDENT GLOBAL SALESのDave Kelley氏が来日。ファイル・ウェブでは両氏を直撃し、今後の新製品展開予定などを訊ねた。

Dave Kelley氏(左)とDavid “Westy” Westfall氏(右)

■夏頃に新製品イヤホン4モデルを発売予定

ーー クリプシュ製品の日本市場での受け止められ方をどう感じていますか?

Westfall 基本的には非常に満足しており、我々にとって日本は世界のなかでも重要なマーケットになっています。ヘッドホン/イヤホンで言えば、様々な価格帯の製品を取り揃えていますが、特に「Image X10」(関連ニュース)や「Image X10i」(関連ニュース)の売れ行きが良いですね。

Image X10

ーー 前回は昨年11月に来日されていますが(当時のインタビュー)、それ以後、クリプシュの日本における状況は何か変化していますか?

Westfall 昨年は大変厳しい年でしたが、少しずつ回復傾向にあります。今年はもっと回復していければと思っているところです。

ーー その“回復”に向けて今年はどのような手を打っていこうと考えているのでしょうか?

Westfall たくさんの新製品を出す予定です。特に、ヘッドホンに関して言えば日本でも発売したばかりのノイズキャンセリング機「Mode M40」(関連ニュース)は市場競争力がある製品だと思っています。クリプシュサウンドが楽しめるのはもちろん、デザインも良いですし、アクティブノイズリダクション機能も非常に優秀です。

Mode M40

Kelley アクティブノイズリダクションは、音質を犠牲にせずノイズを減らせるというものです。また、機能面以外ではキャリングケースなどの質感にもこだわっています。ケースを開けたときのワクワク感を大事にしてデザインしているのです。

Westfall 8月から9月にかけて、4モデルほどインイヤータイプの新製品を出す計画をもっています。スポーツ向けモデルであったり、セラミック素材を使った200米ドルくらいのモデルなどを投入する予定です。

ーー 「Mode M40」の本国での評判はいかがですか?

Kelley アメリカでは、昨年末に「Brookstone」という全米チェーンの販売店などで「Imege One」と同時に販売を開始しました。店頭では300ドルぐらいの価格ですが反応はとても良く、ファーストロットの4000個はすでに完売しています。

「Mode M40」の説明を行うDave Kelley氏

Westfall シンガポールと香港でも同じような現象が起こっています。シンガポールにおいては、日本と同じように我々のヘッドホンがしっかりとした地位を築けているんですよ。

Kelley なお、「Mode M40」は今後、イギリス、ドイツ、フランスでもリリースが決まっています。

ーー 「Mode M40」の開発における哲学や思想を教えてもらえますか?

Kelley クリプシュブランド特有のサウンドということに加えて、デザインにもこだわりました。「アウターボックス・エクスペリエンス」とでも言いますか、例えば、Apple製品を手にしたときのようなワクワク感や期待感を感じさせるものであったり、「音が良い」ということを期待させるデザインにしたのです。

スピーカーとヘッドホンの音作り思想

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク

関連記事